いかに消費者の傍らにいるか

DSとPSPとiPhoneの図
ゲームコンテンツをユーザーがどのように生活の中で配置していくのか。DSやPSPにとっても、iPhoneの動向は見逃せません
大容量のメモリを積んで、オンラインでゲームを販売し、たくさんのコンテンツを常に持ち歩いてもらうと言うスタイルは、今後の携帯ゲーム機の1つの可能性としてあるように思います。いかに消費者の生活の傍らにいるか、ということは非常に重要なポイントです。

その意味で、iPhoneのようなハードが実際にどのように普及し、ユーザーにどう使われるかということは注目すべき現象であるように思います。また、App Storeの仕組みによって、どんな新しいコンテンツが生まれるのかという点も見逃すことができません。

それらは、DSやPSPのような携帯ハードが、この先どう進化していくかということについてのひとつのヒントにもなるかもしれません。また、iPhoneの仕組みやコンテンツが今後成熟してくると、専用ゲームハードと競合する、という状況もありえない話ではないはずです。iPhoneという存在が、携帯電話だけでなく、ゲーム業界にも新しい風を運んでくれるのではないでしょうか。

【関連記事】
ゲームハードという視点から見るiPhone(AllAboutゲーム業界ニュース)
タッチパネルの時代(AllAboutゲーム業界ニュース)
モバゲータウンはDSの脅威となるか?(AllAboutゲーム業界ニュース)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。