DSの成功から時代を読み解く

DSとタッチパネルの図
発表当初、従来のボタン操作になれているゲームユーザーからは、斬新すぎる仕様に不安の声もあがりました。
ニンテンドーDS(以下DS)が空前の大ヒットを飛ばし、ゲームは子供や一部の人たちだけの娯楽ではなくなり、幅広い層の人たちに受け入れられつつあります。この成功にタッチパネルという新しいインターフェースの存在が重要であったことに異論を持つ人はいないのではないでしょうか。

それまでは十字ボタンや方向キーと、複数のボタンを駆使してゲームをするのが当たり前でした。初めてDSが発表された時にはタッチパネルというデバイスが本当にゲームに適しているのか疑問視する人も当然いました。

それがここまで世の中に受け入れられた理由というのはなんなのでしょうか? 今回は、DSのタッチパネルというものが、たまたま当たったのではなく、実は時代の大きな流れが新しいインターフェースに傾いていて、DSはその先駆けとなる存在だったのではないのだろうか、という仮説を立てて、考察してみたいと思います。

iPodもタッチパネルへ

DSとiPhoneの図
インターフェースを変えることによってイノベーションを起こそうとする両社は、とても近い戦略をとっていると言えるかもしれません
2007年9月5日、アップルは人気の携帯音楽プレイヤーiPodの新型を発表しました。その中で特に注目すべきものは、タッチパネルを搭載したiPod touchです。アップルは携帯電話のiPhoneでもタッチパネルを採用しており、今回、その路線を携帯音楽プレイヤーでも継承する形になったわけです。

【関連記事】
ゲームハードという視点から見るiPhone(AllAboutゲーム業界ニュース)

iPodは携帯音楽プレイヤーですし、iPhoneは携帯電話ですから、ゲームハードであるDSのように、インターフェースが変わることによってコンテンツに劇的な変化がもたらされるわけではありません。ではなぜ、コストの高いタッチパネルをわざわざ搭載してきたのでしょうか?

たまたま、アップルと任天堂が同じインターフェースを選択した、とはちょっと考えにくいでしょう。そこには両者に共通する思惑があったものと思われます。