iPhoneがゲームを変える?

iPhoneの図
朝7時から先行発売されたソフトバンク表参道には、なんと1500人もの行列が。
2008年7月11日、iPhone 3G(以下iPhone)がソフトバンクモバイルから発売されました。iPhoneと言えば、アメリカのアップルが開発したiPodとPCと、そして携帯電話を複合したような、まったく新しいモバイル端末。アメリカでは既に先行発売されていましたが、黒船がとうとう日本にもやってきたというわけです。

iPhoneは、ゲームハードとして考えても非常に高い機能を揃えていて、既に多くのゲームメーカーからも注目され、セガやスクウェア・エニックスなどが参入し、ゲームを提供しています。そして、もしiPhoneが広く普及し、多くの人がiPhoneでゲームを楽しむようになる日が訪れるとするなら、ゲームのあり方にも変革が起こるかもしれません。それはちょうど、iPodが音楽の楽しみ方に変革をもたらしたようにです。

ゲーム機としても、新しい

スーパーモンキーボールの図
スーパーモンキーボールはボールを転がすゲームに見えて、実はステージを傾けて遊ぶゲーム。傾けて操作できるiPhoneにはぴったりですね
まず、iPhoneのゲームとしての機能をおさらいしてみたいと思います。まず注目なのはタッチパネル搭載。ニンテンドーDS(以下DS)のタッチパネルと大きく違うのはマルチタップに対応していること。マルチタップとは複数のボタンを同時にタッチすることができる機能です。iPhoneを両手で持って、画面に表示されるボタンを両方の親指で操作する、というようなこともiPhoneでは可能です。

そしてもう1つ、ゲームに重要なのがモーションセンサー搭載であること。iPhoneはWiiリモコンのように、傾けたり、振ったりすることで操作ができます。既に発売されているセガのスーパーモンキーボールでは、iPhoneを傾けてボールを転がす操作で遊ぶことができます。

マルチタップ、モーションセンサー、高い解像度のディスプレイなど、単純に携帯ゲーム機としてみても立派な機能を備えているiPhone。しかしガイドが最も注目している機能はそのどれでもありません。注目はWiFi対応と、8GB、あるいは16GBという大容量のフラッシュメモリです。iPhoneはDSやPSPのように、カートリッジや光ディスクなどのメディアを使いません。全てのソフトがオンラインのダウンロードにより販売されます。それを大容量のフラッシュメモリに保存して遊ぶわけです。何故ここに注目するのか。その理由はiPhoneのソフトダウンロード販売サービスであるApp Storeにあります。