使ってみたい実用ゲームソフトランキング!

世の中のありとあらゆるトレンドをランキングしまくっているgooランキングとのコラボ企画です。まずご覧いただきたいのがこちら、「あったら利用したい携帯ゲーム機の実用ソフトランキング」ですね。

上から順位を見てみると、地図や辞書、翻訳ソフトなどなど、実用ソフトのランキングですから当たり前なのですが、従来のゲームとは全く関係の無いジャンルがズラリと並びますね。こんなランキングが企画として成立すること自体、ゲーム業界が大きく様変わりしたことを感じさせます。

さて、普通に眺めていると、なるほどそれはあったらよさそうだねというものが並んでいるのですが、注意深く見てみるとちょっと面白いことが分かります。今回はこのランキングから、ゲーム業界における実用ソフトの現状と今後について、考えてみたいと思っています。

あったら利用したい・・・というか、ありますよ。

地図ソフトの図
ゼンリンや、エディアというメーカー、ゲームユーザーには聞き慣れないですよね。それもそのはず、ゼンリンは地図の会社、エディアはカーナビのソフトなどを作っている会社なのです
このランキングなのですが、あったら利用したい実用ソフトのランキングなわけです。ですから、もう既にあるものはランキングされない、あるいは最初から選択肢がないのではないか、と推察されます。

シリーズ2作累計で800万本を超える脳を鍛える大人のDSトレーニング(以下脳トレ)に代表される脳を鍛えるジャンル、あるいは同じくシリーズ2作累計で250万以上本売れている、英語が苦手な大人のDSトレーニング 英語漬け(以下英語漬け)、が分類される英語学習モノなど、既に認知度が高い実用ソフトがランキングされていないのはそのせいかと思います。

そういう目でランキングを見てみると、ちょっとした疑問がわいてきます。例えば、1位の地図(ルート案内つき)というのは、ソフトが無いのでしょうか? 結論から言うと、あるんです。PSP専用ソフトとしてゼンリンから発売されている、みんなの地図2や、エディアから発売されている、MAPLUSポータブルナビなどがそれにあたります。

他にも、2位の辞書、5位の音楽プレイヤー、7位の動画プレイヤーなど、既に実現されているコンテンツがチラホラいます。ただし、そのどれもが脳トレや英語漬けのように、100万、200万といった単位では売れていません。

あったら使ってみたいという要望があるのに、売れていないとはこれ如何に。次は、どうして要望があるのに売れないのかについて、考えてみたいと思います。