Cellってなあに?

PLAYSTATION3(以下PS3)のニュースでたびたびでてくるCellという言葉、読み方をセルといいますが、これってなんのことだかみなさんお分かりになりますか? 最新技術の話っぽいけれど……あまり良く分からないという方、多いのではないでしょうか。そこで! 今回はこのCellについて、ご説明しようと思います。もちろん、いつも通り簡単優しく分かりやすく、解説していきましょう。

CellはPS3の頭脳

PS3の頭脳の図
PS3はCellの命令に従って、画面に映像を出したり、スピーカーから音を出したりしているわけです。
Cellと言うのは、正式名称をCell Broadband Engineといいます。さて、これは一体何なのだ? という質問に端的に答えますと、CellとはCPUであると言えます。じゃあ今度はCPUってなんなのさ、となりますね。まずはそこからお話していきたいと思います。

CPUはCentral Processing Unitの略で、日本語に訳すと中央演算処理装置となります。中央演算処理装置ではまだ難しくてなんのことか良く分かりませんね。簡単に言うと、コンピューターの中で考える役割をしている所、いわば頭脳とも言うべき部分です。例えばゲームでプレイヤーがキャラクターを操作する時、あなたがコントローラーのスティックを動かしたりボタンを押したりしますね。CPUというのはそういった情報からキャラクターがどういう風に動くかを計算して、画面上にどう反映させるか命令を下したりする所なのです。

このCPUの性能が良いコンピューターは素早く、複雑なことができますし、逆にCPUの性能が悪ければ考えるのに時間がかかったり、あまり難しいことはできなかったりするわけです。ゲームでたくさんのキャラクターがまるで自分の意思を持ってるかのように動く、だとか、実際の世界と同じように物の動きがシミュレートされている、なんてことをするにはこのCPUの性能が高くないと難しかったりします。ですからとても大切な部分なんですね。

次ページではいよいよCellが他のCPUとどう違うのかについてご説明しますね。