薄型テレビは音が悪い

特にスピーカーに場所をとっていないデザイン優先のタイプは…。
薄型テレビを導入した家庭で、筆者が最近よく聞く声がある。
それは「音が前より悪くなった」というものだ。
AV機器の進歩は日々目覚ましいものがあるのに、薄型テレビで音が悪くというのはどういうことなのだろうか?

答えは至極単純だ。
テレビパネルが薄型になり、全体がスリム化することによってスピーカーに場所が割けなくなってきたのである。
スピーカーにとって大きさというのは非常に重要な要素であって、古いオーディオファンなどは「大きければ大きいほどいい音が出る」と認識している人も多いだろう。
近年小型スピーカーの性能も上がってはいるが、それにしたって最低限これだけ、という限界はある。
もちろんテレビメーカーも各社「画像も綺麗だし、音もいい」と言って売り出してはいる。だが筆者が聞く限り、家庭での使用だと割り切っても少々残念な音であることが多い。

そこで筆者がお勧めするのは「エントリークラスのAVアンプ」を導入するという方法である。
これにはいくつもの利点があるのだ。

AVアンプの利点とは

スピーカーの問題を解決するだけなら、簡単なアンプが付いたスピーカーシステムでも見違えるほどの効果があるだろう。
テレビ側の光出力から繋げるだけで接続も簡単だし、スピーカーにアンプを内蔵したものであれば場所もとらない。

だが、これだと将来のスペックアップを考えると物足りない。
アンプとスピーカーを別々で(またはセットで)購入すれば、ユーザーの要望に応じて段階的にシステムアップすることも可能だ。

他にも
「HDMI対応の最新フォーマットに対応している」
「HDMI CECにも対応」
という理由で、当サイトではHDMI対応AVアンプの導入をお勧めしたい。
次ページでそれぞれを説明していこう。