遊びたいゲームがないとゲーム機は買わない


国内でのPS3の普及台数は220万台。
『メタルギアソリッド4』が牽引して本体の売り上げがかなり伸びたのは確かだ。だが、本格的な普及期に入ったとは考えにくい。
そもそも220万台しか普及していないゲーム機で50万本を突破していること自体が恐ろしい事実だ。

このままPS3はマニア向けのハードになってしまうのか?

ゲーム機を購入する時の決め手は何と言ってもゲームだ。

PS3未所有の皆さんは、どんなゲームが発売されたら購入に踏み切れるだろうか?

今回アンケートも用意してみたので、是非感想を聞かせて欲しい。
また、具体的なゲーム名を教えてくれるという人はコチラまで。

これが出たらPS3本体ごと買う!というゲームはありますか?

PS3のみのオンリータイトル

『AFRIKA』は非常に気になるタイトルだ。というか、正直、他に気になる独占タイトルがあまりない。

最近は様々な機種で販売される、いわゆるマルチタイトルが多い。
ユーザーの視点に立ってみればゲーム機を複数購入しなくてすむし、ゲーム機の個性に合わせた形で追加要素などがあれば選択の幅も出来る。

しかし、ゲーム機メーカーの立場に立ってみれば、ライバル機種より優位に立つためには自分のハードだけで供給される独占タイトルは不可欠だ。

今年も『龍が如く 見参!』『戦場のヴァルキュリア』『メタルギアソリッド4』などの独占タイトルが発売されている。

そのほか『SIREN:New Translation』『グランツーリスモ5』『ファイナルファンタジー13』『白騎士物語』など、発売が待たれる独占タイトルは多い。が、明確に発売日が見えているタイトルはほとんどない。
これは難しい状態だ。

しかし、海外に目を向けてみると『RESISTANCE2』『MotorStorm2』『God Of War3』『LittleBigPlanet』など、期待される作品が多く存在する。
今後はこれら海外の良作独占タイトルをうまく国内で紹介する広報展開も求められることだろう。

また、個人的には8月発売の『AFRIKA』に大きな期待を抱いている。
カメラマンとしてアフリカで動物を撮影するというゲームだが、こういった新機軸ゲームが非常に「プレイステーションらしい」と感じる。

他に、魅力的な他機種のタイトル、従来機種の続編も気になるところだ。