総括してみよう

 
三者三様、これからのゲーム機の未来像を提示している次世代機たち。
全体的な印象として、常にスタンバイ状態にあってネットにも接続されている状態のWiiが、過去の資産の多さの意味でももっとも期待感が大きいと思います。

Wiiは特徴の多いゲーム機です。

HD対応をバッサリと切り捨てたかと思えば、そのコントローラーはヌンチャクと呼ばれる独特の形状をしています。操作感そのものを拡張したかのような画期的なコントローラです。

Wiiの概要 [コントローラ] : E3 2006 : Nintendo

思えばDS発売時に、タッチスクリーンに対する懐疑的な声は根強かったように思います。しかし蓋を開けてみればこれ以上ないくらい画期的な操作方法として、すっかり不動の地位を獲得してしまいました。

PS3の価格が当初62,790円と発表された時、ゲーム業界全体の雰囲気として「PSの時代は終わったかな。DSも好調だし、Wiiの一人勝ちだろう」という空気があったように思います。それくらい魅力的なハードです。
しかしPS3が49,980円と言う多くの人にとって現実的な価格に納まり、ローンチタイトルも見えてきたところで空気は変わってきました。「これならPS3の勝ちもあるかも」という雰囲気も漂い始めてきました。

僕がWiiとPS3を並べてみた時、ゲーム機としては文句なくWiiに軍配が上がるのではないかと思っています。
アーキテクチャからWiiはゲーム機です。まさにお茶の間にゲームを「奪い返す」ためのハードです。いかにゲーム機に向かわせるか、興味をひきつけるか、斬新な遊び方を提供できるかを考え抜いて作られた、美しいまでに理想的なゲーム機なのです。
しかし、ゲーム機はいつしかゲーム機以上のものを求められるようになってきました。それはDVDプレイイヤーだったり、映画的な表現力を持つ写実的なゲームだったりしました。

ゲームにグラフィック能力は必要ない、と言う人も大勢います。

しかし本当にグラフィック能力が必要なければPSからPS2への進化は必要なかったはずです。美しい映像のゲームはグラフィックを記号化することでPSでも実現できていたはずです。
遊戯の本質にグラフィックは必要がない、というのが一つの側面であれば、圧倒的なグラフィックで遊戯の幅が広がると言うのももう一つの側面です。
WiiとPS3はまったく違う方向に向かった対照的なハードで、Xbox360は良くも悪くも現行のゲーム機を正常進化させたものであると言えます。

WiiとPS3は現在のゲーム業界に強い不安を抱き、それを打破するために作られたハードだと僕は思います。ただ、その打破の仕方がまったく違う。グラフィック性能に真正面から向き合ったハードと、遊戯と言う本質に真正面から向き合ったハードなのです。

エンターブレインの浜村社長は先日のセミナーで「出足がいいのはWii、ゆくゆくは圧倒的に売れるPS3」と分析しています。

次世代ゲーム機争いはこうなる! エンターブレイン浜村弘一がセミナーで大胆予想 / ファミ通.com

非常に説得力があり示唆に富んだ内容です。

次世代ゲーム機戦争は、ゲーム機であろうとするWiiとゲーム機を越えようとするPS3、そして着実にシェアを伸ばし王座を虎視眈々と狙うXbox360の争いになりそうです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。