無線LANのススメ

近年急激に普及してきた無線LANですが、環境的に無線LANが不必要で導入していない人も多いことでしょう。
しかしながらPSPは無線LANがあるとないとでは大違い。可能ならば是非無線LANならではの機能も使いこなしていきたいところです。
ここでPSPの無線LAN機能に目を付けてみましょう。

PSPで採用されている無線LANの方式はIEEE802.11b。これはひと世代前の方式で、現在主流のIEEE802.11g、IEEE802.11aと比べると機能的にはかなり落ちます。
しかしながら枯れた技術はより安価になるのが世の常ということで、IEEE802.11bに的を絞れば無線LANのアクセスポイントもかなり安価に入手可能なのです。
というより、もはやほとんど売っていない。
と言うわけで中古で購入するなりになってしまうのですが、とにかく安価に入手できるのはポイントです。

また、身の回りにIEEE802.11bからIEEE802.11gに乗り換えた人がいれば、不必要になったアクセスポイントが転がっているかもしれません。現に僕も不必要なIEEE802.11bルーターが。

一度探してみる価値はあるのではないでしょうか?

無線LANによるアップデートは非常に手軽です。

○本体の「ネットワークアップデート」を選択
 
アップデートの必要があるかどうかを自動で調べてくれます。


○アップデートデータをダウンロード
 
ACアダプターを接続している必要があります。注意!


○アップデート開始
 
後はアップデートを実行して待つだけ。再起動後には生まれ変わったPSPになります!


という流れ。

これで、常に最新のPSPを使用することができるわけです。

また、無線LANによりPSPの機能は大幅にアップします。

WEB表示機能でインターネットのサイト閲覧が可能なのは、もっとも大きな変化ではないでしょうか。最新のアップデートではFlashも表示可能になり、ほとんどのサイトを原型に近い形で見ることができます(PSPの大きな液晶でも、サイトによっては整形して表示しなくてはなりません)。

残念ながら話題の「やわらか戦車」などのFlashによるアニメーション作品はメモリ不足で再生できないようですが、単純なサイトであれば大丈夫でしょう。

その他にも、家庭用のHDDレコーダーと接続してテレビの視聴や録画した番組の視聴が可能になる「ロケーションフリーテレビ」も可能に。

■関連ガイド記事:PSPでどこでもテレビが見られる!

 
『メタルギアソリッド』シリーズなどで有名な小島監督のラジオなど、インターネットには様々なチャンネルがあります。せっかくRSSに対応しているのにRSSリーダーとしては使えない点やビデオポッドキャストに対応していない点は残念。これも今後のアップデートに期待しましょう。
ちなみに「ロケーションフリーテレビ」に必要な「ロケーションフリーベースステーション」は無線LANのアクセスポイントになる機能もあるので、無線LANをまだ導入していない人はこれによって一気に無線LAN環境も整ってしまいます。

もう一つ、iPodによって急速な広がりを見せたポッドキャストにも対応。ブラウジングしながら対応したアイコンをクリックするだけで、チャンネルが登録され、ストリーミングでも一時保存でも聴くことができます。
こちらについてはまた、機会を改めて詳しく説明することにしましょう。

PSPは無線LANを導入することで一気に活用の幅が広がります。これまでできなかったことでもアップデートにより次々に可能になっていくのです。
例えば、テレビ電話になったり、PSOneのタイトルが遊べるようになったり、予定されているだけでもかなりの可能性を感じさせます。

是非、無線LANを導入してPSPを活用してみてはいかがでしょうか。

■関連ガイド記事:2年目のPSP、6年目のPS2、12年分のPS3

■関連ガイド記事:PSPがDVDレンタル屋さんになる?

■関連ガイド記事:今だからできるPSPレビュー後編 AV機能、周辺機器はどうだ!

■関連ガイド記事:今だからできるPSPレビュー前編 PSPの使用感、ゲームの出来は?

■関連ガイド記事:奥さんに購入を持ちかける7つの作戦! そろそろPSPが欲しい(後編)!

■関連ガイド記事:奥さんに購入を持ちかける7つの作戦! そろそろPSPが欲しい(前編)!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。