PlayStatonVita(以下Vita)が苦戦している。週間販売数が1万台を割り、今後の見通しはなかなかに厳しい。反面ソーシャルゲームは全盛期とも言える好況ぶりで、最新の携帯ゲーム機であるVitaの苦戦と比較され論じられることも多い。

ソーシャルゲームとはソーシャル・ネットワーキング・サービス(以後SNS)によるコミュニケーションを重視したネットワークゲームであり、その手軽さから携帯電話、スマートフォンやPCを中心にプレイされている。

さて、それではVita苦戦の原因はソーシャルゲームなのだろうか?

伸びないVita、伸びるソーシャル

PS Vita

PS Vita

PS3の立ち上げが鈍く、DSやWiiなどで手軽に遊べるゲームがヒットを飛ばしていた現状から、現在はゴージャスな映像表現を謳ったゲームよりカジュアルゲームが受け入れられているという見方が一般的である。

事実PS2時代にはミリオンヒットだった作品の続編が、PS3では半分以下の実績しか確保できていないという例も多い。

反してPSPやDSの売れ行きは順調で、Vitaにかかる期待も非常に大きなものがあった。Vitaは「PSPよりゴージャスなゲーム体験」を実現するリッチなゲーム機であり、それはソニー・コンピュータエンタテインメント(以後SCE)が後継ハードを提供するたびに映像表現の向上を実現していったのと一貫したコンセプトだった。それでいて、世の中のソーシャルゲーム・スマートフォンの普及を見逃さず、スマートフォンと共通のプラットフォーム「PlayStation Suite」を提供するという抜け目のなさも持ち合わせていた。

しかし現状では開発ツールが一般公開されたばかりであり、狙い通りに行っているとは言いがたい。ここまでリッチなゲーム体験に注力していたSCEだが、今のところユーザーの興味は「暇つぶし」としてのゲーム体験らしい。