進化するPSP

4月25日に2.70にバージョンアップしたPSP。
アップデートとは言うけれど、何ができるようになるの?
うちには無線LANがないんだけどアップデートできないの?
そんな人たちのために、アップデートの基礎の基礎をお教えします。

何のためのアップデート?

 
最新のバージョンは2.70。アップデート内容は、大幅なものも小さいものも含めて、使い勝手が良くなるものばかりです。
PSP最大の特徴ともいえるアップデート。これにより、所持しているPSPが常に最新機種と言う事になります。
今後新型PSPが出てハードウェア的な進化を遂げない限り、ソフトウェア上の機能追加、セキュリティー上の修正などはアップデートで対応されます。

○機能追加

インターネットブラウザの実装や『ロケーションフリーテレビ』の対応など、細かい修正を含めて随時新しい機能が追加されています。
最新のアップデートでは従来未対応だったFlashの再生にも対応するようになりました。また、なんとPS OneのタイトルをオンラインでダウンロードしてPSP上でプレイする構想も発表されて話題を呼んでいます。

○セキュリティーの向上

特定のタイトルを使用したイレギュラーな活用方法を抑制したり、セキュリティー上の問題点も解決されたりしています。
基本的にはアップデートを適用したほうが安全と言えるでしょう。

アップデートの方法は?

無線LANから直接アップデートする方法、パソコンからメモリースティックにアップデートのデータをダウンロードし、メモリースティック経由でアップデートする方法、ゲームソフトを使用してアップデートする方法があります。

一番手軽なのはおそらく無線LANからのアップデートだと思います。しかし無線LANの環境が整っていない人も多いことでしょう。もちろん無線LAN以外のアップデートの方法も豊富に用意されています。

ダウンロード等の手間がかからないという意味では、ゲームソフトを使用したアップデートが一番手軽と言えます。
新しいタイトルであればその時の最新のアップデートデータが入っているので、簡単にアップデートすることが可能です。

PSP「プレイステーション・ポータブル」専用ソフトウェア(UMD)でアップデート

 
ケーブルは間違えないで!
また、PCを使用したアップデートも可能。
市販のUSBケーブルでPSPと接続し、PCでダウンロードしたアップデートデータをPSPの所定のフォルダに保存するとアップデートが実行できるようになります。
このとき、PSP側のUSB端子はミニUSBなことに注意してください。
通常のUSB端子←→ミニUSB端子のUSBケーブルが必要になります。

また、メモリースティックに対応したリーダ・ライタを使用してメモリースティックの所定の位置にアップデートデータを保存し、アップデートを実行することも可能です。

パソコン経由でアップデート

しかしPSPの便利さは無線LANを使用してこそ。
次のページでは無線LANのアップデートと無線LANならではの便利な使用方法を紹介しましょう。