次世代ゲーム機三国時代到来!

任天堂、マイクロソフト、そしてソニーコンピュータエンタテインメントがそれぞれ販売する3機種のゲーム機。マイクロソフトのXbox360をかわぎりに、順次発売される予定です。

そもそも次世代機とは、サターン、プレイステーションが販売される時についた名称。その後様々な機種が販売されるたびに次世代機と言われつづけてきましたが、今回のように近いタイミングで次々発売されることもありませんでしたし、またゲーム機以上の付加価値がこれほど重要視されることもありませんでした。
その分、「次世代」の意味を真に問われることになりそうです。

今回はそれぞれの陣営について「次世代」と思われる部分を見ていきましょう。

「ゲーム機の正当進化」Xbox360

 
日本では不遇ともいえる立場に甘んじていたXbox。しかしテクモなど、Xboxをメインに活躍していたメーカーも多く、「気になるけど本体買ってまではなぁ」というタイトルがあった人も多いのでは?
意外にも最もゲーム機として正当進化したと言えるのがXbox360です。
グラフィック性能、有名クリエーターの囲い込み、標準でのHDD搭載、などなどある意味PS2が進化したらこうなるんじゃないのかと思える進化。

Xbox360にとっての次世代とは、「ゲーム機の正当進化」

ここで注目したいのは、プッシュされる大作の中にXboxからの続編タイトルが無い、ということ。意図的にXboxの臭いを消すことによって、広く新規ユーザーに訴求しているのが窺えます。

それは言い方を変えれば、Xboxとしては満足の行く結果を残せなかったということを意味します。一応Xboxとの互換性は残るそうなので、Xboxの気になるけど遊べなかったタイトルなどが遊べるようになるのは嬉しいですね。

Xbox.com :: Xbox .com
ITmedia Games:Xbox360 特集
Xbox 360(サンロクマル) - / ファミ通.com

「集大成ゲーム機」ニンテンドーレボリューション

 
ワイアレスコントローラーだけでなくGameCubeのコントローラーの差込口も用意されているというのは非常に任天堂らしい!
旧ゲーム機のタイトルは、バーチャル・コンソールという機能で実現するそうです。これ、往年のゲームファンにはたまらないんじゃないですか?
ゼルダやマリオが出るだけで全国、全世代の任天堂ファンが購入してしまうんじゃないかと言う新機種。ゲームキューブ用のコントローラー端子の数が4つある(*)ことなど、やはり多人数で遊ぶ点などは重視されています。
*レボリューションのゲームコントローラーはワイヤレスで、やはり4つまで使えます。

ディスクは標準でDVD再生に対応しない点も、ゲーム機だという自己主張をしているように思います。

レボリューション最大の注目点はやはり旧ゲーム機のタイトルをダウンロードで遊べるという点。実は次世代機3機種とも下位互換を達成しているのですが、レボリューションに限って言えばある意味、すべての任天堂ゲーム機の下位互換を果たしたといえる画期的なソリューションです。

レボリューションにとっての次世代ポイントは「過去のハードの垣根をすべて取り払った集大成ゲーム機」というところでしょうか。

レボリューション
News Release (日本語訳)
【任天堂】“レボリューション”発表、過去のタイトルすべてが遊べる! / ファミ通.com
【レポート】E3 2005 - 任天堂がゲームボーイミクロを発表、Revolutionの詳細も (MYCOM PC WEB)
次世代ゲーム機登場!? ファミ通.com E3 2005特設ページ