最新業務用ゲームや関連機器が出展する展示会「AOU2008アミューズメント・エキスポ」が終了して、一息ついた感もある業務用ゲーム業界ですが、そろそろ同展示会に出展された最新ゲーム機がリリースされ始めています。

そこで今回は、そんな最新ゲーム機のなかから、お祭りバラエティゲームとして新ジャンルを確立した「太鼓の達人」シリーズの最新作などをご紹介します。なお、過去のアミューズメントニュースはこちらからご覧ください。

お祭りバラエティゲームの最新版
「太鼓の達人11」が3月中旬から登場

太鼓の達人11
「太鼓の達人11」の本体
バンダイナムコゲームスは、業務用お祭りバラエティゲーム機、「太鼓の達人11」を、3月中旬から発売すると発表しました。

太鼓の達人11」は、ゲーム画面で支持されるタイミングにあわせ、ゲーム機本体に備え付けられた太鼓を実際にバチで叩くゲーム機。最新版となる同ゲーム機では、付属の"バチ"を従来機より細く軽量化し、持ちやすく、疲れにくいように改良されています。

また、1プレー料金で左右両方の太鼓から演奏ができる「パパママサポート機能」や、太鼓の音が木魚などの音色に変更することができる「音色チェンジ機能」などを追加しています。そのほか、収録楽曲は「名探偵コナン」などのアニメ主題歌や「蕾」などの最新J-POPなども加えた108曲を用意しています。

【関連サイト】
バンダイナムコゲームス公式サイト

【関連記事】
ガイドオススメ記事「年末、年始のおすすめパーティーゲーム パーティーやろうよ!」


次のページでは、従来比1/4サイズの小型プリントシール機などをご紹介します。