みなさん! "ゲーセン"行ってますか?
唐突ですが、みなさん、ゲームセンターへ行ってますか? 家庭用ゲーム機も性能が上がって、おウチでプレーするのもいいんですが、やっぱり"ゲーセン"ならではの醍醐味や魅力もある。さらに最近では、格闘ゲームにやや傾きがちだったところも解消され、変り種のゲーム機も増えてきた。そこで、記念すべき第一回目は、多種多様に進化しているゲーム機ならではの、我流の楽しみ方を伝授いたしませう。「ゲームは家でプレーすれば充分!」なんて言ってるそこのアナタ! ちょっと見てやってくださいな。見ればきっとゲームセンターへ行きたくなる……ハズ。

デートに効果的なメダルゲーム
デートで時間を持て余した。そんな時こそ私はメダルゲームだ。以前のメダルゲームは単純なものが多かったが、最近のメダルゲーム機は凝ったゲームシステムと演出で、じっくり遊べるゲームに仕上がっている。なかでもオススメは『お祈り大明神』。このゲームはメダルを投入してスロットを回し、目を揃えて大量のメダルをフィールドに落とし、メダル落とし口まで運ぶというもの。スロットとなる液晶画面はリーチアクションが豊富で飽きさせない。同時に20人までプレーできるが、シートはベンチシートで2人だけの空間ができ、恋人同士でプレーすれば盛り上がること間違いなし。
私はいつも、このゲームは10枚程度の少ないメダル枚数でプレーを始める。このゲームはスロットさえ回せれば、例え一枚からでも大勝ちすることができるので、敢えて少ないメダル枚数でプレーして、ちょっとしたスリルを味わおう。もしカップルでプレーして、ちょっとのメダルでジャックポットを出し、フィールド上へ滝のように落ちてくるメダルを見せれば、ちょっとは株が上がるかもね。


『お祈り大明神』:(C)SEGA (C)ワカエ紙工


アツ~イ対戦バトルをしたければ!
友達同士集まったら、対戦ゲームで盛り上がってみるなんていかが? 対戦ゲームで気を付けたいのが、ゲームごとの習熟度の違い。そこでオススメしたいのが『電脳戦機バーチャロン フォース』。このゲームはロボットによる2対2、最大4人までのチーム戦を行うことが可能な3D対戦アクションシューティング。味方へメッセージを送ることもでき、操縦技術だけでなく、仲間とのコミュニケーションが大事なゲームとなっている。
チーム戦のルールでは、リーダー機が大破するとゲームオーバーとなる。味方機は撃破されると、リーダー機が接触すればライフポイントを半分、分け与えることができる。このチーム戦独特のルールをうまく活用し、私はゲームに習熟した人をリーダー機にして、そうではない人を味方機にしてカバーできるようにすれば、強さが均衡した対戦ゲームが楽しめるのだ。ぜひ一度お試しを。


『電脳戦機バーチャロン フォース』:
Original Game (C)SEGA (C)SEGA/Hitmaker,2001
CHARACTERS (C)AUTOMUSS CHARACTER DESIGN KATOKI HAJIME