友田たかしプロが指導! ボディボード講座vol.13

13回目はトップターン。ボトムターンのあと、波のトップでターンをするトップターンを繰り返すことで、波のフェイス(斜面)を上に行ったり下に行ったりしながら、長く波を乗りつないでいくことができる。これをアップス&ダウンといい、初級者にとって波乗りの楽しさを満喫できる一番の技。しっかりマスターして、波乗りの真髄を味わおう!

トップターンとは?

ボトムターンをして波のトップ部分に上がったあと、そのまま進んでしまうと波の向こう側に下りてしまい、プルアウトとなってライディングが終わってしまう。そうならないために、今度は波のトップからボトム方向に下りるために行うのがトップターン。

トップターンのやり方

ボトムターンのあと
ボトムターンをしたら、肩と頭を元の位置に戻す
トップターン
斜め下を見て、肩とノーズを視線の方向へ向ける
次のボトムターンへ
斜めにテイクオフする時と同じように、ボードが下り始めたら波側のレールを入れて、次のボトムターンの準備をする
まずはしっかりとボトムターンをして、加速しながら波のトップに向かって上がっていく。上がりきって波を乗り越えてしまう直前に、目線で下りたいボトム部分を見よう。このときに真下を見ても、自分の身体は波に乗って横に進んでおり真下には下りられないので、斜め下の方向を見るようにしよう。

次に波側に入っているレールを抜いて、自分の視線が向いている方向に、波側の肩とボードのノーズを同時に返す。このときのポイントは、波側の脇をしっかり締めたまま行うこと。その形のまま、ボトムに向かって下りていく。ボトムへ向かっているとき、波側のレールにしっかりと体重を乗せておけば、下りた後のボトムターンも簡単にできる。

>>アップス&ダウンでロングライド!>>