まずはウエットスーツの種類をマスターしましょう。
最近はウエットスーツのデザインも増えており、気温や水温によって使い分けをしている。
最初からすべてを揃えるにはお金もかかってしまうので、まず最初のほしい1枚はどれなのか?
それをレクチャーしましょう。

ウエットスーツの種類

スクール風景
人によって体感温度や水温は違うので自分に合う一枚を選ぼう
●ロングスリーブスプリング(ロンスプ)
これからの季節、一番活躍するタイプで長袖、短パンタイプ。
ボディボードは肘をついているので、このタイプは肘スレが防げるので人気が高い。

●シーガル
この季節に活躍するもう1枚で、半袖、長パンツタイプ。
水温が低く、気温が高い場合はこれが一番。
ただし、ボディボードはキッキングで足をよく動かすので、シーガルよりもロンスプの方が足の動きがよくなり人気。

●スプリング
半袖、短パンタイプ。
夏でも長時間海に入っていると体温が下がるので、このタイプのウエットスーツの着用がおすすめ。

●ショートジョン
袖なし、短パンタイプ。
真夏の一番暑い時期にはこれを着用する。
男性はこちら、女性はスイムジョンを選ぶことが多い。

●スイムジョン
ショートジョンと同じだが、全体のシルエットがワンピースタイプの水着と同じ女性専用。
真夏でも長時間海に入るときにはウエット地でできた、スイムジョンを着用することで冷えが防げる。
袖なし、半袖(スイムジョン・スプリング)、長袖(スイムジョン・ロンスプ)と3タイプあり。

●タッパー
パンツ部分がない上着だけのタイプ。
夏にラッシュガードだけではちょっと肌寒いという時に使うことが多い。
半袖と長袖、袖なしと様々なタイプがある。

●セミドライ(フルスーツ)
真冬用のラバー素材の長袖、長パンツタイプ。
ファスナー部分が二重になっていて水が入らないように工夫されている。
最近はファスナーのないかぶるタイプも見かける。

●フルスーツ
セミドライよりも薄いジャージ素材の長袖、長パンツタイプ。
春先~秋口まで海に入る人には欲しい1枚。

→→→どれが一番必要?


→ウエットスーツの詳細(1)についてはコチラ
→ウエットスーツの詳細(2)についてはコチラ