画像の代替テキスト
サイドスリップでエッジ感覚を覚えよう!
「はじめてのスノボ講座」の第2回目は、「サイドスリップ(横滑り)」。前回紹介した「スケーティング」でボードの装着感や雪上を滑る感覚にある程度慣れてきたら、次はいよいよ斜面を滑ります。

まずは緩やかで広めの斜面を選びましょう。

そしてスケーティングにある程度自信があればリフトに乗ってもいいし、まだリフトに乗るのが恐いという人は、自分で少し斜面を登って(「ハイクアップ」と言います)練習しましょう。緩い斜面なので、そんなに登るのも大変ではないはずです。またハイクアップで練習する時は、滑り降りてくる人の邪魔にならないように、必ずコースの端を使いましょう。

スノーボードでは、カカト側とつま先側の「エッジ」を使ってスピード調節やターンをします。サイドスリップでは、その「エッジの使い方」や「雪上でのエッジ感覚」を覚えます。またいよいよ両足をバインディングに装着して本格的に滑り出すわけですが、最初にスノーボードの「基本姿勢」についても知っておきましょう!「何事も基本が大切」と言うように、上達の鍵を握る大切な姿勢になります。

では、「基本姿勢」→「カカト側のサイドスリップ」→「つま先側のサイドスリップ」の順に説明していきます。


基本姿勢

スノーボードをする時、「最も柔軟で最も安定した姿勢」が基本姿勢になります。ポイントは2つです。

画像の代替テキスト
軽く膝を曲げて、ボードの上にドッシリと乗る
1、膝を曲げて重心を落とす
両足ともバインディングを装着して、ボードの上に乗ったら、軽く膝を曲げます。この時上半身が前に倒れて、お尻が突き出た状態になる人が多いので注意!ボードの上に真っ直ぐに立った状態のまま、軽く膝を曲げます。ボードを真上から踏みつけるような、ドッシリとボードに乗る感覚です。

画像の代替テキスト
ボードの真上に腰を落としているのがわかりますね。顔はしっかりと進行方向へ向け、肩を少し開く
2、顔を進行方向に向け、肩を少し開く
膝を曲げ重心を落とすことで下半身が安定したら、次は上半身です。上半身は顔をしっかりと進行方向に向け、肩も進行方向に少し開きます。この時、目線は少し遠くをみるようにしましょう。

画像の代替テキスト
肩の開きは、首、腰が強くねじれないリラックスしたポジションに合わせる
3、自分にあったポジションを探す
肩の開き具合には、個人差がありますが、目安としては、無理なく顔を進行方向に向けられるポジションに合わせるといいでしょう。


実際にその場で基本姿勢をやってみるとわかりますが、固定された下半身に対して、肩(上半身)を開き過ぎると腰がねじれてしまいます。逆に肩を一切開かず真横に固定したまま、顔を進行方向に向けると、首がねじれるのがわかります。首、腰にストレスがないように肩を少し開いて、ボードの上に一番リラックスした状態で乗れるポジションを探しましょう!

まずは平地で止まった状態で基本姿勢をやってみます。そしてこれから斜面を滑るようになりますが、どんな時でも常にこの基本姿勢を頭に入れて滑ることが、上達への近道になります。

ヒールサイド(カカト側)のサイドスリップ

サイドスリップとは、両足ともバインディングに装着して立ち上がったらボードは横にしたまま、ズリズリと斜面を滑り降りることを指します。エッジがヒールサイド(カカト側)とトゥーサイト(つま先側)にありますので、両方できるように練習しましょう。まずはカカト側からです。

画像の代替テキスト
ヒールエッジを使って、ゆっくりと立ち上がる
1、バインディングを装着したら、ゆっくりと立ち上がる
バインディングを両足とも装着したら、ゆっくりと立ち上がります。この時、つま先を少し上げて、膝を柔らかく使ってバランスを整えましょう。両手を広げるとバランスがとりやすいです。

画像の代替テキスト
両足のつま先を均等に下げていく
2、両足のつま先を下げる
上げていたつま先を両足とも均等に少しずつ下げていくと、ボードが滑り出します。


画像の代替テキスト
ボードが滑り出すポイントを感覚的に覚えよう
3、エッジ感覚を覚える
つま先をどれくらい下げたらボードが滑り出すのか、また滑り出して止まる時は、どれくらいつま先を上げてかかと側のエッジを立てればいいのかなど、ヒールエッジの感覚を覚えよう。

画像の代替テキスト
目線は少し先に送り、足下は見ない。
4、目線は少し先を見る
ボードが滑り出すとつい足下を見てしまいがちですが、目線が下がると上半身が前に倒れて、つま先側のエッジがひっかかり(「逆エッジ」といいます)転ろぶ原因になります。そこで目線は少し先に送って、上半身は真っ直ぐ前を向きましょう。

画像の代替テキスト
ボードが止まる時のエッジ感覚を覚える
5、止まる時はつま先を上げる
止まる時はつま先を上げて、膝を曲げることで腰を落とすようにします。そうするとヒールエッジが強くかかり、ボードが止まります。


ヒールサイド・サイドスリップのポイント

画像の代替テキスト
ボードが止まっている状態。つま先が上がっている
■つま先でヒールエッジをコントロールする
右の写真(上)のように、つま先を上げればヒールエッジが強く雪面にかかり、スピードが減速したり、止まったりできます。逆に写真(下)のようにつま先を下げれば、ヒールエッジが開放され、ボードが滑り出します。

画像の代替テキスト
ボードが滑り出す状態。つま先が下がっている
■逆エッジに気をつける
あと覚えておいてほしいのは、「逆エッジ」です。この状態でつま先側のエッジがひっかかったらどうなるのか?もちろん前に転びます!

これを逆エッジと言いますが、逆エッジにならないためには、つま先を下げるとは言っても基本はヒールエッジに乗っている状態、つまり上半身はしっかりと起こして、カカトよりに立っている状態を意識しましょう。上半身が前に倒れすぎないように気をつけましょう。


>>次ページは「トゥーサイドのサイドスリップ」を解説!>>