リーシュストリングとは?

ls1
リーシュストリングとはこの部分のヒモのこと
波のサイズが大きいとき、よくある怖いトラブルがリーシュコードが切れること。岸まで遠いビーチやリーフなどでは、泳いで戻るのは相当大変。リーシュコードが切れるよりも意外とよくありがちなのが、リーシュストリングが解けて、サーフボードが流れてしまうこと。

リーシュストリングとは、サーフボードとリーシュコードを繋げる大切なヒモのことです。リーシュコード購入時に、付属しているヒモを使うのが最も一般的ですが、より安心、丈夫にと考えているサーファーにはリーシュストリングはかなりおすすめです。


リーシュストリングを実際に装着

ls2
カップに通していきます
リーシュカップに、リーシュストリングを通します。なかなか通しにくい場合があるので、なにか尖ったものでリーシュストリングを引っぱり出して上げるようにすると、簡単に出来ます。

ls3
輪の中へ通すように
つづいて引っぱり出したら、リーシュストリングのもう一方へ通します(写真を参考に)。

ls4
いかにも頑丈といった感じ
たったこれだけで完成です。丈夫で、オシャレなリーシュストリングに変身しました。

品質はワイメアで実証済み

ls5
あなたなら何色にしますか?
LEASHLOKはハワイで考案された商品。品質はワイメア(世界でも最も有名なビックウェーブのポイント)のテストで実証済。価格もリーズナブルで¥252(税込)! カラーは左からピンク、グレー、ブルー、イエロー、ブラック、レッドなどがあります。


たかがヒモと思ってるかもしれませんが、サーフボードを流したら、その大切さに気づくはず。大変な思いをする前に、丈夫なリーシュストリングを付けて、安心サーフィンを心がけましょう。



<関連リンク>
マニューバーライン

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。