来年3月に開催される世界選手権団体戦(1~8日、カタール・ドーハ)に日本代表としてベンチ入りする5人のうち、男女とも4人が決まった。

日本卓球協会は13日に理事会を開き、9月に決めた選考基準にもとづき、すでに決定していた福原愛、世界ランキングにより内定していた梅村礼のほか、強化本部から推薦のあった男子4人、女子2人を代表メンバーに決めた。男子の村守実(青森山田高)、女子の谷口直子(サンリツ)が初出場となる。

村守を選んだ理由として、男子の宮崎義仁監督は、「将来の日本のことを考え、若手を一人は入れておきたい」という意図をあげ、「今年の実績は、世界ランキングが上の偉関晴光、加山兵伍、木方慎之介らを上回る」と評価した。村守は今年のプロツアーで世界ランキング100位以内の選手に3回勝っており、日本男子の中では松下浩二の4回に続いて2番目。ペンホルダーの裏面打法を積極的に使うスタイルが持ち味だ。

一方、女子の西村卓二監督は、「カットは一枚入れておきたかった。ヨーロッパ対策としてカットマンは欠かせないし、対戦相手に応じた戦略的なバリエーションが広がりますから」という構想を示した。谷口と、世界ランキング129位の藤田由希(日本生命)とのどちらを抜擢するか頭を悩ませたというが、パワードライブの処理に強い谷口を選んだという。

男女とも残る1人の代表は、全日本選手権のシングルス優勝者となる。今回発表の選手のなかから優勝者が出た場合は、強化本部推薦の選手が加わる。日本代表メンバーは以下の通り(選手名の掲載順は日本卓球協会の発表による。順位は12月の世界ランキング)。

【男子】
松下浩二(ミキハウス)67年8月28日生 44位 右シェークカット+攻撃型
田崎俊雄(協和発酵)74年11月1日生 48位 右ペン前中陣速攻型
遊澤亮(東京アート)76年10月7日生 112位 左シェーク前陣攻守型
村守実(青森山田高)85年8月15日生 139位 左ペン前陣速攻型

【女子】
梅村礼(日本生命)76年12月4日生 26位 右シェークドライブ型
福原愛(ミキハウスJSC)88年11月1日生 38位 右シェーク前陣速攻型
藤沼亜衣(ミキハウス)82年9月16日生 32位 左シェーク前陣速攻型
谷口直子(サンリツ)80年9月27日生 133位 右シェークカット主戦型


<関連記事>
梅村礼、松下浩二が日本代表内定
福原愛、日本代表一番乗り!
偉関晴光「国際舞台復帰のわけ」

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。