辻野隆三選手。松岡修造選手とともに日本男子テニス界を先導してきたプロテニスプレイヤー
辻野隆三という名前はテニスファンであれば知っているであろう。松岡修造選手とともに日本男子テニス界を先導してきたプロテニスプレイヤーだ。1969年2月24日生まれ。1990年のセイコースーパーテニスでは一回戦を勝ち上がりB・ベッカーと対戦。1994年全豪オープンでは松岡修造以来となる予選勝ち上がりでの本戦出場を果たす。現役引退後は、自ら運営する、MIRAI TENNIS ACADEMYで選手育成に力を注いでいる。 そして、歌手の荻野目洋子さんのご主人ということでも有名である。

その辻野選手が、最近、インターネットという媒体を利用して、さまざまな情報を発信しているという噂をキャッチしたので、インタビューを試みた。まずは、インターネットへの取組みからインタビューをスタートし、辻野選手のテニスライフを伝えていきたい。

辻野選手とインターネットの関わり

とにかく、パソコンが好きで部品を買い集め、自分で組み立ててしまうほどで、一時期は秋葉原に通いつめ、ちょっとしたパソコンオタクだった。

その後、インターネットが普及してから積極的に活用している。今は1年前に世界に通じるジュニア選手を育てることを目的に立ち上げたMIRAI TENNIS ACADEMYのホームページを運営しながら、tennis365.net でテニスブログ「Ryuso’s BLOG 」を展開している。

自分のテニス人生をときに振り返り、現在、取り組んでいるテニスをインターネットという媒体を通じて積極的に発信している。

テニスブログとは?

辻野隆三選手のブログ
テニスのポータルサイトtennis365.netで、5月からテニスブログがオープンし、テニス好きな芸能人の根津甚八、勝村政信をはじめとして、現役テニス選手の岩淵聡、元テニスプレイヤーの吉田友佳、増田健太郎、西尾茂之、白戸仁などが中心となって、テニスブログを展開している。これはテニス界では初の試みで、この話が舞い込んできたときは「これはいける!」即決。まだ開設して1ヵ月足らずだというのに毎日のアクセス数の多さにも驚き、ブログの力を痛感している。

Ryuso’s BLOGを通じてテニスのことや、普段あまり伝えることのない個人的なことまで、日々の暮らしのなかの出来事を積極的にブログに書き込み、テニスファンの人たちに、より身近な存在に感じてもらいたいという目的もある。つまり、辻野隆三という人間を知ってもらうのに一番いいツールとしてブログを活用しているのだ。

とにかく、テニス界初の試みに自分も参加していることに意義を感じている。さらに今後は芸能人、テニス選手が次々と開設する予定なので自身も非常に楽しみにしている。