この時期、気温30度以上の地域が多い。コート上では更に照り返し気温が上昇する。
この時期になると熱中症という言葉を耳にする機会が多くなる。今年のインターハイでは男子選手が試合前の練習中に熱中症にかかり命を落としてしまったという訃報も届いている。

熱中症を決して軽んじてはいけない。熱中症は気温、湿度、風速、直射日光が原因で発生しやすい病であるが、環境要因以外でも体内に発生する熱が原因で発生することもある、やっかいな病である。

誰もが熱中症にかかる可能性はあるので、これを機に熱中症に関する基礎知識を身に付け予防に心がけ、楽しいテニスライフを送ろう!

しかし、いくら予防に心がけたとしても、熱中症にかかってしまうこともある。もし、テニスをしている最中に自ら熱中症の症状を自覚した場合、また一緒にやっている仲間が熱中症の症状が見受けられる場合には、救急車を呼ぶが、近くの病院に運ぶなど、医療機関で確実な処置を施すべきである。

熱中症とは

熱中症とは体の中と外の熱さによって引き起こされる様々な体の不調を指し、病状により以下の4つに分けられている。

■熱失神
長時間熱い中で活動したため末梢血管が広がり、前身への血液量が減少し、血圧が低下することにより、めまい、失神、唇のしびれがみられる。顔面蒼白になり、脈が速く弱くなる。

■熱疲労
脱水(大量の発汗、不十分な水分補給)による症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などがみられる。

■熱痙攣
大量に汗をかいたときに塩分が入っていない水だけしか補給しなかったため、血液の塩分濃度が低下し、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴った痙攣がおこる。

■熱射病
体温の上昇によって脳などの中枢神経に異常をきたした状態。意識障害(反応が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がおこり、死亡率が高い。

>>次のページでは「熱中症の予防方法」を紹介します>>