文章 : 吉原浩通(All About「テニス」旧ガイド)


4大大会唯一のクレーコートであり、体力・忍耐力を要するフレンチオープン(全仏)が2004年5月24日(月)~6月6日(日)の日程にてローランギャロスにて開幕しました。
大会の特徴や日本人選手の予選結果、本戦シード選手と見所、観戦に役立つフランス語のコールなどをご紹介します。


この歴史ある大会は1891年より開催された『 フレンチ選手権 』を前身に、1924 年に『フレンチ国際』 を経て、1968 年より現在の『全仏オープン』に改称したものです。
途中の1915年~19年、1940年~45年は世界大戦で開催されなかったため今回で103年目となる大会です。
 
 ■会場
 
会場となるのはローラン・ギャロス・ナショナルテニスセンター。
フレンチオープンというよりも『ローラン・ギャロス』という呼び名の方が定着しているくらいにこのトーナメントの象徴となっているコートです。
『ローラン・ギャロス』という名称は、この土地を所有していた冒険飛行家“ローラン・ギャロス”から取ったもので、“ローラン・ギャロス”は世界ではじめて地中海を渡った冒険家としても名高い人である。

サーフェスはレッドクレーコート(アンツーカーコート)、粉末状に砕いたレンガを敷き詰めたコートである。
クレーコート自体が激減している日本において、レッドクレーはクレーコートの中でもコート整備が大変である、白いソックス・シューズはすぐに赤茶けてしまうことから営業向きではなく、民間のコートではほとんど見ることができない。
しかし、バックハンドのスライスが滑る時や、遠いボールを滑りながら打つ時のシャーという音はストロークプレーヤーにとってはなんとも言えず心地よい音であり、人気が高い。
 
 ■全仏の特徴
 
2月1日にオーストラリアンオープンが閉幕し、4ケ月近く経ち、選手にとっても久々のビッグトーナメントとなる全仏ですが、最大の特徴は4大大会唯一のクレーコートによる戦いであることです。
ハードや芝のコートと違い、サービスやボレーのスピードが殺されるクレーでは、ストロークの安定した体力・忍耐力のある選手が有利となり過去何回もサーブ&ボレーを得意としている選手やビッグサーバーが早いラウンドで姿を消す場面が観られました。

過去の優勝者にピート・サンプラスやボリス・ベッカー、リンゼイ・ダベンポート、ヴィーナス・ウィリアムズなどの名前がないことでもサーブ&ボレーの選手が勝つのがいかに難しいかがわかります。

□過去10年間の優勝者
 
男子シングルス
女子シングルス
2003年
ファン カルロス・フェレロ
ジュスティーヌ・エナン アルデンヌ
2002年
アルベルト・コスタ
セレナ・ウィリアムス
2001年
グスタボ・クエルテン
ジェニファー・カプリアティ
2000年
グスタボ・クエルテン
マリー・ピエルス
1999年
アンドレ・アガシ
シュテフィー・グラフ
1998年
カルロス・モヤ
アランチャ・サンチェス・ビカリオ
1997年
グスタボ・クエルテン
イバ・マヨーリ
1996年
エフゲニー・カフェルニコフ
シュティフィー・グラフ
1995年
トーマス・ムスター
シュティフィー・グラフ
1994年
セルジ・ブルゲラ
アランチャ・サンチェス

また、クレームをつける選手に厳しいのも全仏のひとつの特徴である。
クレーコートなのでボールの跡がつき、選手にして見れば、思わず審判にクレームを付けたくなるのですが、ここローラン・ギャロスの観客はクレームをつける選手に非常に冷たい態度を見せます。
時にはクレームをつける事自体にブーイングがおこることがあります。

続いて日本選手の予選結果、日本人の本戦出場選手、本戦シード選手の紹介です。