文章 : 吉原浩通(All About「テニス」旧ガイド)

家や職場で大掃除をして新たな気分で新年を迎えるように テニスグッズも年に一度はメンテナンスをし、気分一新して初打ちテニスを楽しみましょう。ラケットやシューズ、ボールを車のトランクに入れっ放しはダメですよ!

 

  ボールを打つ衝撃、また、汗による汚れなどで最もメンテナンスが必要であるのがラケットです。
そして、テニスグッズ中でも特にメンテナンスの影響を大きく受けるのもラケットです。
そこで、まずは、ラケットのお手入れ方法をご紹介します。

  1、ラケットのメンテナンス

 

ラケットをパーツに分けると

  • フレーム本体
  • ストリングス
  • グロメット(ストリングスとフレームのあいだにあるプラスティック製の部分)
  • グリップ ・ バットキャップ(エンドキャップとも呼ばれるグリップの底の部分)

の5つのパーツとなります。

5つのパーツのうちストリングスグロメットグリップは消耗品ですので傷み具合によっては交換が必要となります。


  ■ストリングスのメンテナンス

  ストリングスは常に強い力で引っ張られていますのでプレイ頻度に関係なく、傷んでいきます。
(1ポンド=約0.45Kgですので55ポンドで張っている場合は約25Kgで引っ張られている状態です)

プレイ頻度に関係なく3~4ケ月に1度の張替がベスト!

しかし、月1プレーヤーや不定期プレーヤーではそうも言ってられません。また「いつ張り替えたか忘れちゃった」と言う方も多いのが現実。そこで、張り替え時期の目安をご紹介します。

 
ストリングスの張り替え時期の目安
 
     
  ・ボールの飛びが悪くなった
・打球音が鈍くなった
・打球感がいつもより硬く感じた
・ストリングスの交わる部分にくぼみができた。(画像1)
・ストリングスが変色(画像2)、退色した
・ささくれ状態(画像3)になる
  などです。  
     
(画像1)
(画像2)
(画像3)

上記に該当しなくても1年以上張り替えていない場合は、この機会に張り替えることをお勧めします。

張り替えた時に、メーカーのロゴをガットに書き込んでみてはいかがですか?
大抵のテニスショップでは行ってくれます。また、下記のようなステンシルと専用インクを購入して自分でするのもいいですね。
これであなたもプロ気分が味わえますよ・・・・