文章 : 吉原浩通(All About「テニス」旧ガイド)

かつてはダブルスは積極的に、ネットを確保して4人ボレー戦に持ち込む並行陣が主流でしたが、 ウィークエンドプレイヤーや女性、楽しむテニスをする人にとっては、高度なボレーと すばやい動き、読みを要求される並行陣は敷居の高いものです。

しかし、最近ではトッププロでも、あえて並行陣を使わず、雁行陣で戦うペアが増えてきました。 ウインブルドンの女子ダブルスに優勝した杉山愛選手もその1人です。

そこで今回は初心者でもマスターしやすい雁行陣をマスターするドリルを紹介致します。
 
   
 
  ドリル1:ストローカーの打ち分け  
 
   
 
面数:
1面    
 
レベル:
初中級者以上    
 
時間:
20分    
 
人数:
6~8名    
 
目的:
ストローカーのプレスメント    
     
コースを直前に指定することでプレスメントをよくする練習
 
コーチ役は左右のプレーヤーに交互にフォア、バックこれも交互に計12球をテンポよく送球します。
『フォアクロス!バッククロス!バック角度!』というようにコースを指定しながらとなります。
角度コース時は少し送球にも角度をつけてあげて下さい。
   
 
  ドリル2:ストロークからのポーチ  
 
 
 
 
面数:
1面  
 
レベル:
中級以上  
 
時間:
10分  
 
人数:
6~9名  
 
目的:
ボレーヤーのプレスメント  
   
ポーチの時のボレーのコントロール力を鍛えます
 
コーチ役からストローカーに送球されたボールをゾーン1へ返球、コーチ役はセンターベルト付近へ返球する。
ホレーヤーは1へ落下するボールを確認後に一歩前に前進してコーチ役へプレッシャーをかけます。
そしてセンター付近へのボールに対してポーチをかけターゲットへ決めボレーを、
次にコーチ役が角度のある送球を
ストローカーは角度に対して角度のボールをゾーン2へ返球する。
ボレーヤーは 同様に一歩前にシングルスライン寄りにブレッシャーをかける。
コーチ役はアレーに返球しボレーヤーはターゲットにバックボレーでコントロールをつける。
コーチ役のパートナーは相手ボレーヤがプレッシャーをかける動作を見たら機敏にサービスランン付近まで下がります。
もしも、ポーチボールを返球できたらそのままポイント取りとなります。