スティック型練習器具とは?

ここ2年くらいの間に素振り練習用に開発された練習器具が人気になっています。以前は、練習器具というとゴルフショップの片隅にほんの少し置かれていただけですが、現在はゴルフクラブやウェアなどと同じようにショップの人気商品となっているものも多く存在しています。

人気の理由として、一番に挙げられるのは練習器具のラインナップが豊富になっていること。スティック型の練習器具に限りませんが、最近では、ゴルフを教えることを生業とするティーチングプロが開発した練習器具が多数ラインナップされています。

これは、それぞれのティーチングプロのメソッドを実践するために開発されたもので、矯正目的がはっきりしていることと、プロなど上級者も使用するということが特徴です。具体的な効果が実感しやすく、プロも使用することで初心者向けなどではなく上達のために効果があるというイメージを醸成したことが多くのゴルファーの心をつかんだようです。

「スピードスティック」。ヘッドスピードに応じて重量の異なるタイプがある
スティック型練習器具の人気に火をつけたのは、「スピードスティック」でしょう。通常のゴルフクラブよりもかなり重量(ホワイトタイプで595g)があり、ヘッドスピードの計測機能がついているのが特徴。パワーアップや身体のバランスを整えることに効果があり、継続して使用することによってヘッドスピードがアップすると謳われています。

なんといっても丸山茂樹、ヴィジェイ・シンといった実力派の超人気プロがキャディバッグに入れて日々練習に活用しているのが、多くの支持を得た理由でしょう。

現在、人気上昇中の「インパクトスティック」(クリックすると拡大します)
最近発売された「インパクトスティック」は丸山茂樹プロのコーチ、内藤雄士氏が推奨するスティック型練習器具。ヘッドスピードアップの効果とともに、内蔵されているウエイトがスイングすると「ガチン!」と音がするので、正しいリリースポイントを習得できる効果があります。

ガイドも使用していて、適度な重量感もなかなか良い感じなのですが、ウエイトが移動する衝撃が意外に強く、腕に振動が走るのが個人的にはマイナスです。

>>次は、スイングセッターの紹介>>