プロレスが失ってしまったもの

今のプロレスにないものを静かに語ってくれた
ガイド:当時に比べて、今のプロレスに感じる部分は?

嶋田先生:なんか、怖さがなくなりましたよね。ハンセンやブロディとか、メッチャ怖かったですもんね。怖さとか迫力……。

ガイド:日本人vs外国人というのは、いつまで経ってもプロレスの基本というか原点ですよね。

嶋田先生:僕は、外国人選手が豪華だったので新日よりも全日を観ていたんですよ。今ではそういう(日本人vs外国人)ところは、PRIDEに受け継がれているのかなって気がしますね。豪華外人。

ガイド:ちなみに、先生ご自身も格闘技を実践されていますが。

嶋田先生:単純にやってみたかったっていうのもあるんですが、やっぱり技を考えていくにつれ限界を感じたというか、やらないと分からないなって思って。で、II世始まる前に、次の作品の構想を練りながらも、一年くらい仕事をしていなかった時期があったんです。その時に、正道会館の柔術クラスっていうのが出来たんで通ってみたら、練習中に道衣掴んだ際に指が折れて、相棒に「二度とやるな」って言われました(笑)

ガイド:やったことがあるのと、ないのとじゃ全然違いますもんね。自分も前に人に言われたのが「三角絞めが何故極まっているのかが分からない」って。

嶋田先生:そうなんですよね。それだけで描き方も変わってきますよ。例えば、腕十字を取られたときの相手の指の向き一つでも。

「友情」という普遍的なテーマこそ、キン肉マンの核

ガイド:さて、最後に、嶋田先生が現在進行形の読者に一番伝えたいことって何でしょうか?

嶋田先生:やっぱり、僕らは友情がテーマなので“友達がいっぱいいる”ってことなんですよね。楽しくて、助け合えることも多い。だから、昔から言っていることは“友達を沢山持ってください”ってことなんです。

ガイド:キン肉マンの作品シリーズや時代の移り変わりの中でも、核の部分の全く変わることなかったんですね。

嶋田先生:そうですね。実際、そうだったと思います。キン肉マンみたいなキャラクターは僕にとっても憧れですよ。でも、どうしてか、キン肉マンとブロッケンJrが二人きりになるとあんまり話すことがないんです(笑)

ガイド:アハハ(爆笑)

嶋田先生:誰々がいると話せるとか……。そういうことも考えてやっていますから。一回、そういうのも描いてみたいなぁ。間が持たないところとか(笑)


注:ブルート・バーナード&スカル・マーフィー:日本プロレス時代に、来日した悪役レスラー。現在新日本プロレスで活躍する元WWEジャイアント・バーナードはブルート・バーナードの息子


<関連リンク>
『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編3』、ただ今絶賛発売中!
『キン肉マンII世 究極の超人タッグ編3』、ただ今絶賛発売中!

キン肉マン・オフィシャルTシャツ。バンバンビガロでしか手に入れることはできない
インタビュー中、嶋田先生とガイドが着用している “キン肉マン・オフィシャルTシャツ”。これらは、数々の人気“プロレスTシャ ツ”を世に送り出している実力派Tシャツブランド『バンバンビガロ』がプロデュー スをする自信作。写真は、現在注文が殺到している、サッカーを日本代表を応援 する“ULTRAS NIPPON×キン肉マンTシャツ”!(売り切れ御免) ↓
『バンバンビガロ』
『バンバンビガロ』ネットショップ

“世界のTK”高阪剛オフィシャルジム『A-SQUARE』。取材協力していただきました
嶋田先生とガイドも通っている“世界のTK”高阪剛オフィシャルジム『A-SQUARE』。 初心者から女性、プロを目指す人まで親切丁寧に指導。貴方も世界屈指の格闘技術論に 触れてみませんか?(写真:嶋田先生(左)と、ジムで指導&プロのリングで活躍する宮川博孝選手(右))
『A-SQUARE』
宮川博孝選手のBlog
[All About WEEKENDERトップページに戻る]


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。