<人生哲学風、名言の数々>

サッカー、それは本当に素晴らしい競技だ。
何故なら、子供を大人に、
大人を紳士に育て上げる競技だから。


これは「日本サッカー育ての親」であるドイツ人コーチ、デットマール・クラマー氏のあまりにも有名なセリフ。日本の「体育(*)」概念を考えると、このセリフは1960年代当時のサッカー&スポーツ関係者の心をさぞやしっかりつかんだことでしょう。

(*健全な身体の発達を促し、運動能力や健康で安全な生活を営む能力を育成し、人間性を豊かにすることを目的とする教育。広辞苑より)

「あの名言をひも解けば」(from サッカークリック)
→クラマー氏の名言をはじめ、サッカー史上に残る17の名言とその背景を解説。



監督には二通りしかない。
クビになった監督とこれからクビになる監督だ。


「この世で一番辛い職業」と言われるのがサッカー監督。現サンダーランド監督のハワード・ウィルキンソン氏のこんな名言は、世知辛いサッカー界をよく表していますよね…。

ちなみにこのウィルキンソン監督はなにかと「名言癖」がおありのようで、英国サイトSoccer365の2002年サッカー名言大賞になんと3つも選ばれてます。

THE FOOTBALL QUOTES PAGE(英語)
→サッカーの母国イングランドに伝わる数々の名言はこちら。


サッカーを心の底から愛してこられたこと。
強い意志で試合に臨めたこと。
そして、運。
この三つに自分は支えられた。


さすが皇帝、フランツ・ベッケンバウワー。重みのあるお言葉です。

60億人の名言バックナンバー
→皇帝の言葉は「NO.15」。サッカーだけでなく、スポーツ界・文学界から選りすぐられた名言集。