サッカーのユニフォームと言えば、ミラン、ユヴェントス、バルセロナと縦縞(タテジマ)のイメージが強い。だが、もともと区別のために用いられた縞模様は、ラグビーのように横縞(ヨコジマ)も存在し、最近では世界的に少しずつ増加中である。

愛称にもなったセルティックのヨコジマ

日本でもすっかりお馴染みになったセルティックのユニフォーム
2008年1月に日本復帰の噂も出ている中村俊輔選手。スコットランドに渡って4季目、すっかりセルティックのユニフォームに馴染んでいる。だが、最初に彼のユニフォーム姿を見たとき、ちょっと違和感を覚えなかっただろうか。 

サッカーでは一色もしくはタテジマのユニフォームが多い中、セルティックは、チームの愛称「The Hoops(輪っか)」の通り、緑白の“ヨコジマ”。緑と白はアイルランド国旗に由来し、緑はカトリック、白は平和を象徴するという。ちなみにアイルランドの国旗は一色オレンジを加えたものだが、オレンジはプロテスタントを表す色なので、カトリック系のセルティックのユニフォームには使われていない。

もともとセルティックは1887年にグラスゴーにおいて、貧しい子どもたちを救済することを目的として神父が創設したチームで、アイルランド系移民の多かったエジンバラのハイバーニアンをモデルにしたという。

緑一色だったハイバーニアンとの区別のため、緑と白のものを採用したのは用意に想像できる。しかし、どうしてヨコジマになったのか……。ライバルのレンジャーズがラグビークラブの色を真似たように、ラグビーを真似たのか、はたまた天使の輪をイメージしたのか。

セルティックが産声を上げた19世紀後半は、起源を同じくするスポーツであるラグビーとサッカーが分かれて間もない頃。ユニフォームを作った業者がたまたまヨコジマにした、というところが実情ではなかろうか。とにかく中村選手の活躍で、日本においてセルティックのヨコジマは、すっかりヨコジマは市民権を得たと言っていいだろう。