ヨコジマクラブも“ボーダー”レス化

ジーコが在籍していたフラメンゴも横縞が伝統だ
ちなみに、1895年創立のブラジルのクラブ・デ・レガタス・ド・フラメンゴは赤黒のヨコジマである。フラメンゴはもともと、女の子にもてようとした青年たちがレガッタクラブとして設立された経緯を持つ。そのため、ヨコジマを採用したのは、そのあたりが要因であろう。

また、昨シーズンからドイツの強豪バイエルンも昨季から赤白のヨコジマとなった。70年代や90年代はタテジマだった時代もある中で、ヨコジマを採用した。どうやらサプライヤーの関係のようだが、赤一色時代よりもスタイリッシュである。バイエルンのクラブカラーの赤白は、バイエルンの紋章に見られる熊手模様(上が赤で下が白の、広い意味でのヨコジマ)であり、タテジマにしなければいけない理由は見あたらない。

やはり、強いチームに憧れるのは世界共通。ヨコジマのクラブがもっと活躍すれば、ヨコジマのユニフォームを採用するクラブも増えていくのでは……。今後、タテジマのクラブだけでなくヨコジマのクラブも“ボーダー”レスになりそう。



<関連リンク>
最新ワールドサッカー情報

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。