もっとも手軽なカラーマネジメント機


「huey」
「huey」を使い、キャリブレーション中。こちらも専用ソフトの指示通りに本体をモニター画面に設置していくだけです。

「Eye-One Display 2」よりもさらに手軽にカラーマネジメントができるものとして、「huey」(ヒューイ)という機種が登場。

ペンタイプの大きさの本体を「huey」専用のソフトの指示に従い、画面の上に置くだけで、カラー設定ができてしまいます。値段もとてもお手頃になっています。

「huey」でカラー設定をするときには、モニター画面だけではなく、その場の周りの明るさを測る、環境光測定センサーも同時に稼動。これによりその環境の明るさでもっとも見やすいとされるモニター画像にしてくれます。

キャリブレーション成功
キャリブレーションが成功しますと、このような画面で知らせてくれます。同時にその場の環境光も測定して見やすい画面に設定してくれます。

このカラーマネジメントは、ただ単に写真など画像を見るためだけではなく、同じモニターを使い、ゲームやDVD鑑賞するときにも適正な色で見ることができるようにしてくれるものです。

モニターのキャリブレーションを行うと、今まで見てきたものは全然違う色で見てきたのかもしれないと思わせます。一度使ってみるとその違いを実感できることでしょう。

もし、パソコン環境の色でお悩みであれば、一度試してみてはいかがでしょうか。


写真・テキスト 瀬川陣市
Photo&Text(c) Jinichi Segawa - All Rights Reserved.
記事・画像の無断使用・転載は、ご遠慮くださるようお願いします。

■こちらの記事もぜひどうぞ!

  • 写真をウェブで公開したい方へのおすすめサイト (PhotoLife Concierge)



  • 300円で作る、商品撮影用照明ボックス


  • 初めてのデジタル一眼レフ、素朴な質問Q&A


  • Adobe Lightroom ついに発売決定!


  • Adobe Lightroom 無料提供中



  • ■関連リンク集
  • デジタル処理術

  • ■メルマガもどうぞ!~無料です
    記事の最新情報や、メルマガ限定の写真展情報や裏話など月2回お届けしております!
    ガイドのメルマガのお申し込みはコチラから

    ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。