モニターをカラーマネジメントしよう


「Eye-One Display 2」
「Eye-One Display 2」のパッケージ。ちょうど大きいマウスほどの大きさです。

モニターの調整をするのにも、基準となるものがわからなければ出来ません。個人の感覚で行っていたのでは正確な調整は難しいでしょう。そんなときに使うのが、モニター画像測定器。

画像を測定し適正化することをキャリブレーションと言います。キャリブレーションするには、測定器を使えばいたって簡単にできます。

かつては、測定器はプロフェッショナル用のものしかなく、値段もとても高価で一般の方がモニターの色調整をするためだけに購入するには、かなりハードルの高い品物でした。ところが最近では、デジタルカメラも普及し、プリンターで出力する方も増えモニターのカラーマネジメントの需要も多くなりました。それに合わせて、一般向けの安価な測定器も発売されています。

まず、測定器で紹介するのが、「Eye-One Display 2」(アイワン ディスプレーツー)。キャリブレーションができるエントリーモデルですが、これでも充分にカラーマネジメントをすることができます。

モニター画面に置くだけ


キャリブレーション中
専用ソフトの指示に従い、本体をモニター面に設置するだけで自動設定してくれます。使い方はとても簡単です。

「Eye-One Display 2」を使ってのキャリブレーション方法ですが、専用のソフトを立ち上げ、その指示に従うだけでカラー設定が出来てしまいます。やることといえば、本体をモニター画面の指示された場所におくだけです。すべてを完了する時間も約5分。

この方法でモニターの色調を設定するが出来ます。それぞれ違うモニターもこれで設定することによって、ひとつの画像を同じ色で見ることができるようになるわけです。プリントの出力時もモニター画像で見た色のものを出すことが可能です。

本体裏側
「Eye-One Display 2」の本体の裏側。この面をモニターにつけて、測定し適正化を行います。

仕事で画像を扱う場合、関係する人が同じモニター環境で画像を見なければ、正確な色指定はできません。そのためにもこのようなモニターのキャリブレーションは必要になってきます。仕事でなくても、正しい色をモニターで見ることは写真を撮る人にとっては、とても大事なことです。イメージした色を作品に反映させるためにもモニターのカラーマネジメントは欠かせないものです。

でもまだ自分が使うにはハードルが高いかなという方には、さらにお手軽な機種が登場!次で紹介します。