以前のガイド記事で「講師養成講座」についてお知らせしましたが、皆さんご覧になっていただけましたでしょうか?

この講座は厚生労働省認可・財団法人職業技能振興会の認定を受けた、日本アートアクセサリー協会主催の講座で、講師養成講座を修了した後、講師認定試験に合格し、日本アートアクセサリー協会に登録すると、協会主催の基礎講座・応用講座をご自分で開講し、修了証を発行することができるというものです。
詳細は過去の記事をご覧下さい。

さて、講師認定試験に合格した方達は今、どのような活動をされているのでしょうか?
受講理由の異なる3名の合格者の方にお話を伺ってきましたので今回より3回シリーズでお伝えしたいと思います。
これから受講を考えている方は参考になさってください。

まず、皆さんはどのような理由で受講を決めたのでしょうか?
第1回の今回は基礎からきちんと学びたいと思った仲主さんをご紹介します。


【第1回】 基礎からきちんと学びたいと思った仲主佐恵子さん
【第2回】 プロとしてやっていく自信をつけたいと思った大塚真紀子さん
【第3回】 講師として活動するために認定証が欲しかった岡田由佳子さん

基礎からきちんと学びたいと思った仲主さんのお話は次ページ