コース別教育資金準備の目安額を整理しましょう。今回は、小学校から大学まで、ずっと私立の場合です。


幼稚園・小学校から私立コースでかかるお金

幼稚園から大学までにかかる金額の目安は次の通りです。
大学は文系で自宅通学の場合と下宿の場合で試算しています。

この金額は、かかる費用の合計です。決して貯めるべき金額ではないのでご注意ください

□小学校から私立(幼稚園は私立、大学は文系・自宅)=約2098万円
□小学校から私立(幼稚園は私立、大学は文系・下宿)=約2429万円


(高校までは文部科学省「学習費調査2006」より(学校教育費のほか、学習塾やスポーツ、稽古事などの費用も含まれる)。大学は文部科学省「私立大学等の平成19年度入学者に係る学生納付金等調査結果」、日本学生支援機構「平成18年度 学生生活調査報告」、日本政策金融公庫総合研究所「平成21年度 家計における教育費負担の実態調査」より豊田真弓が作成)

大学でかかる費用には次のようなものも含まれます。
・入学までの受験の費用・・・受験料、大学納付金(未入学大学含む)、住まい探しの費用など
・学費など・・・入学金・授業料・施設利用料など学校納付金、教科書など
・生活費・・・通学費、食費、住居・光熱費、保険衛生費、娯楽・嗜好費など


小学校から私立コースは基本はフローで

小学校から私立の場合、いわゆる「お受験」からスタートします。幼稚園からすでに一貫校に入る方もいるでしょう。

教育は子どもの財産。可能性を広げます

教育は子どもの財産。可能性を広げます

実際には、前述の金額に、それぞれ受験準備のための費用も別途かかってきます。

「幼稚園・小学校から私立」の進路を希望する場合、実は貯められる時期はほとんどありません。

幼稚園・小学校から私立を検討される方の場合、早くから「幼児教室」などにも入ること多く、それを考えても、貯める時期がないのです。

つまりは、年間100万~150万円(小学校の時期は高めです)の教育資金が人数分かかり続けても支障がない程の所得があるか、あるいはそれだけのストックがすでにあることがポイントです。