ハワイで楽しみたい! 観光・世界遺産

標高4205メートルを誇るハワイ最高峰、ハワイ島マウナ・ケア山のサンセット

標高4205メートルを誇るハワイ最高峰、ハワイ島マウナ・ケア山のサンセット

ハワイの世界遺産とオアフ、ハワイ、マウイ、カウアイ島の代表的な見どころをご案内します。海底火山の噴火で生まれたハワイでは、ダイナミックな自然の風景に出逢えます。そこには神々の伝説やハワイ王国にまつわる遺跡も残り、パワースポットとして有名な所も。ぜひ、自然の不思議や大きなパワーを体感してくださいね。

ハワイに新・世界遺産が誕生

2010年8月、北西ハワイ諸島とその周辺に広がるパパハナウモクアケア海洋国家遺産が世界遺産に登録されました。残念ながら、一般人が立ち入ることはできませんが、1987年に登録されたハワイ島のハワイ火山国立公園に次いで、ハワイで2番目の世界遺産となります。

現在1300~1400頭しか生息していないと言われるハワイアンモンクシール

現在1300~1400頭しか生息していないと言われるハワイアンモンクシール

ハワイ諸島は、主要8島が位置する南東ハワイ諸島と、溶岩とサンゴ礁でできた小さな島が連なる北西ハワイ諸島で構成されています。全長1900メートルにもわたる北西ハワイ諸島には、絶滅危惧種のハワイアンモンクシール、アオウミガメなどハワイ固有種の海洋動物や希少な鳥類が生息。パパハナウモクアケアは、世界最大規模の海洋保護区として、2006年国家遺産に指定されています。

また、ハワイ先住民が死後に魂が戻る生命のふるさとと信じていた場所であり、ニホアとマクマナマナという2つの島には、ハワイ先住民の定住地跡も残されているそう。世界遺産へは、自然と文化の両方の価値を認められた複合遺産としての登録となりました。

<関連リンク>