帆を上げればプライベートな空間に早変わり

terasu01
写真は夜景を望む最前面に配置されたかまくらのようなソファ。ドイツDEDON社製のスペシャルシートで、帆は自由に開閉できる作りになっている

terasu04
terasu07
写真下は開閉式の帆を上げた状態。周囲から完全にエスケープできる
「やはりテラスの開放感は格別だ」

 遅まきながら人気のスペシャルシートを体感した僕は、心の中でそうつぶやいた。外資系ホテルのラウンジでは店に着られている感が出てしまい背伸びしすぎだったり、かといってひと山いくらのダイニングバーで足下を見られたくない、というワガママなあなた。そこで女性をエスコートしたいのが、南青山『La Terrasse(ラ・テラス)』の"かまくらソファ"である。

カルティエなどのハイ・ブランドが入るビル屋上の開放的なテラスシートというロケーションもさることながら、さらに感動的なのは、住宅街のため周囲を遮る高層物件がなく界隈の夜景を独り占めできるということ。そして、目前に迫る東京タワーと六本木ヒルズのダブルパンチがボディブローのようにじわじわと利いてくる。

二人掛けのカップルシートであるかまくらのようなソファは、開閉式の帆を上げればプライベートな空間に早変わりし、また、回転式で夜景を見ながらワインやシャンパンを楽しんだり風の強い日はグルリと背を向けて飲んだりと、思いのまま。写真では分かりづらいが、驚くほど奥行きがあり、まるでテントのようにすっぽりと体ごと包み込んでくれる。

靴を脱ぐ、胡座をかく、ベットのようにゴロンと横になる。「みなさん思い思いのスタイルで楽しんでいます。それに予約制なので時間も気になりません」というのだから、これはもう、素直にだらしなくなった方が賢明である。