訪れる度に深みを増す新宿ゴールデン街

009
時刻は夜7時。区役所通りから撮影した新宿ゴールデン街。これから始まる夜遊びを期待させる
去るゴールデンウィーク直前の週末、新宿ゴールデン街に取材へ訪れた。これまで散々各メディアに露出しており、いささか新鮮味に欠ける、あるいは今なら東京ミッドタウンをぜひ、と思いの方も多いことだろう。

もちろん、「YES」でもあり「NO」でもあるのだけれど、寿司、焼き鳥、小劇場、一見お断りの会員制バー、若い店主が多いニューウェーブバー、ゲイバー、熟女がひとりで切り盛りする飲み屋等々、ゴールデン街というエリアが、こと夜遊びに関して東京ミッドタウンより優れていることは事実。その遊び方は、趣味の合う店を見つけるもよし、女性目当てで通うもよし、安酒を求めてハシゴするもよし。何度訪れようと、夜遊び好きなエピキュリアンたちを飽きさせない。ただ楽しいだけがでなく、店によっては敷居の高さもこの街の魅力なのだけど……。

さて、今回の主旨はゴールデン街の初心者ガイド。それでは、まず、この街の歴史をお勉強することから始めるとしよう。少々小難しくなりそうだが、気軽に読み流してやって下さい。

新宿ゴールデン街小史

002
昼間のゴールデン街。私有地であるこの街、バー『せんちゃん』の店先ではママが洗濯をするなど、この街の日常を垣間見れた
かの学者先生方によって書かれた書物を紐解くと、1934年、現在の歌舞伎町1丁目であるゴールデン街はすすき野原で、現在「四季の道」と呼ばれている遊歩道には都電が走っていたという。その後、新宿で営業していた屋台による飲み屋街が占領軍による露店取り払い命令で追い出される形でこの地に移り、さらに、古くからの遊郭である新宿二丁目で露天を営んでいた人々も移転命令によりこの地に移り、この街は誕生した。

以後、1947年の売春防止法まで、「青線」と呼ばれる非合法売春地帯として栄えた。「青線」につては、明確な資料が現存していないが、今はソープ街として親しまれている川崎・堀之内も青線だったとされている。3階建ての建物が多く、当時の「青線」は1階がバー、2階と3階が住居や売春を行う、いわゆる「ちょんの間」、というスタイルだったという。

一般的にはこのバラック酒場一帯をゴールデン街として総称しているが、実際には、南側に位置する『新宿ゴールデン街商業組合』と北側位置する『新宿三光商店街振興組合』でに別れており、本来、ゴールデン街とは『新宿ゴールデン街商業組合』一帯を指すという。『新宿ゴールデン街商業組合』は4.5坪の店が多く、『新宿三光商店街振興組合』は3坪の店が多い。建物は4戸で一つ長屋になっており、その間を細い路地が通っている。

1947年以降は飲み屋街として再興したが、かつてのゴールデン街は文壇、映画、演劇などの文化人のディープでコク深い遊び場だった。しかし、定期借家権の創設などもあって、数年前から若い世代が斬新なコンセプトで店を開くようになり、現在、250軒超の店が営業している。

ちなみに、ゴールデン街の物件を扱う誠美興業株式会社さんによると、定期借家権付きの物件で月額10万円程度で貸し出されており、多くの出店希望者が空店舗を求めている状況なのだという。僕もその一人になろうと思い順番待ちを希望したが、「当分空きそうにない」と一笑されてしまった。