感情むきだしな男でもいいじゃないか!

イメージ01
感情を自ら閉じこめてしまうアレクシシミアな男が増えているという。重度のアレクシシミアになると、時に爆発させる感情が性犯罪などの歪んだ愛情表現になる可能性を秘めている
30歳にもなって、些細なことですぐカッとなったり、最近でいえば、映画「ハチミツとクローバー」でホロリときたり、"無防備な少年の感性を持った中年男"大脇です。

どうしてこんな話をしたかと言うと、男には男の感情表現があるはずなのに、「男は感情を表に出してはいけない」という社会通念があるからだ。大人社会では、何があっても顔色一つ変えない男がカッコイイとされている。それほど社会では「感情は女のもの」とされている。
 
アレクシシミアという言葉がある。意味は感情を表現することが困難なこと。表情や行動でしか感情を表せない人に対して使われる言葉。世の中の大半の男は、程度の差はあれアレクシシミアだと言われている。もっと男も感情と向き合い、感情を表現すべきだ。

感情とは、人生の不特定の瞬間、不特定の事柄に対する、腹から沸き上がる反応だ。日々生まれる感情の対処がうまければ、あなたが夜遊び上手な男になれる確率は飛躍的に高まる、と僕は思う。

感情は内面で生まれる。感情は自己の一部であり、自分がつくるものだ。感情は一日中、自分に話しかける。好きだ、嫌いだ、待て、逃げるな、行け、行くな、といった具合。

そして感情は突然現れて、突然消えて無くなる。まるで夕立のように一過性だ。日にいくつもの感情がスクラップ&ビルドを繰り返すのだから、後でよくよく考えてみると、実に矛盾だらけなことに気づく。

でも、矛盾があったところで気にすることはない。夜遊び上手な男ほど矛盾を抱えているものだ。夜遊び上手な男になるには、自分の感情に気づき、うまく対処する術を身につけなければならない。

それでは、どうすればそういった術を身に付けられるか考えてみよう。次のページへ。