「男の隠れ家」ゼミナール

画像の代替テキスト
時間と雰囲気を楽しむ場所、それがバー。普段は怒りっぽい彼女も、ここなら何時間も待てる!? (※写真はイメージ)
「世の中と切り離すため窓はカーテンで遮断している」
「時の流れを感じさせないよう時計は置かない」

こんな言葉を聞いて、みなさんはどんな場所を想像するだろうか。どこかの地下実験室? それともホリエモンがいる拘置所? 他でもない、これは「男の隠れ家」、いわゆるバーの基本理念だ。バーが地下に多いのはその為で、外気を遮断し、光を間接照明だけにすることで時の流れを忘れさせ、穴蔵のような異空間を演出している。そう、バーとは時間と雰囲気を楽しむ場所なのだ。

以前オールアバウトで実施した「あなたの一票」で、「アナタの知りたい夜遊び情報は?」とアンケートしたところ、「アミューズメント系スポット」に投票した少数派に対して、実に84%の読者が「オトコの隠れ家スポット」と答えるという結果がでた。

そこで今回、まだバー行ったことのない人のために、楽しみ方やマナーについて「基本マナー編」「注文&飲み方編」「会話編」「口説き方編」の4つに分けて考えてみたいと思う。

大人の初心、忘れるべからず「基本マナー編」

新規でバーに行く場合、扉を開けた瞬間から常連客からのチェックは始まっている。おニューで犯した失敗はとりかえしがつかない。

■カジュアルすぎる服装はNG
Tシャツに短パン、サンダル履きなど、マスターが最も困るのがお店の雰囲気に合わない服装の客。クラブのようにドレスコードがあるわけではないが、最低限の身だしなみには気を配りたいものだ。

■大人数での来客はNG
バーは純粋にお酒を楽しみたい人が来る場所。そのため1~2人など、少人数での来店が最も望ましい。大人数で楽しみたい人は居酒屋へ行って下さい。

■携帯が鳴る
「女性が1人、携帯をイジっている」こんなシチュエーションは許されるが、携帯を鳴らすのは基本理念から外れている。男が1人でメールする姿も女性から見れば「格好悪い」と映るので、極力電源は切ること。まだ仕事が残っているならバーに行かないことだ。

■バーに席次はない
通常は入り口付近が上席、奥が末席だが、バーにそれはない。強いて言うならガチャガチャ音が鳴りやすい厨房に近い席が末席になる。上司と行くときなどのために覚えておこう。

■タバコはタイミングで
レストランでも同じことが言えるが、隣客が食事中の場合はタバコを控えるのがベスト。また、禁煙者ばかりなら「今日は吸わない」くらいの覚悟が必要。どうしても吸いたくてガマンできないときは、一言断るのがマナーだろう。無意識にタバコをプカプカ吹かし、迷惑をかけるのが一番罪が重い。場の空気を読むことが大切だ。

■酔いすぎに注意
酔っぱらって絡むなんてもってのほか。1人で帰れるくらいの余力を残して酒を楽しむと良いだろう。

<INDEX>


*バーの基礎知識 バーのマナー&楽しみ方・「基本マナー編」・・・P.1
*バーのマナー&楽しみ方・「注文&飲み方編」「会話編」「口説き方編」・・・P.2

次のページでは、バーのマナー&楽しみ方・「注文&飲み方編」「会話編」「口説き方編」を大公開!