チェーンが外れやすい状況とは

直し方を説明する前に、どのようなシチュエーションでチェーンが外れやすいかを知っておくといいです。以下のようなケースは、特に注意しましょう。

  1. 変速機の調整不良。
  2. ペダルを強く踏み込んだ状態でフロントギアを変速。
  3. 段差の多い道を走行中に変速する。

1の場合は、外れたチェーンを元通りにしても、変速時にまた外れてしまうので調整が必要です。ディレーラー(変速機)の調整は、初心者には比較的難しい作業なので、自信がない人はショップにお願いするようにしましょう。

フロントギアからチェーンが外れた場合

チェーンが外側に外れたケース

チェーンが外側に外れたケース

チェーンが内側に外れたケース

チェーンが内側に外れたケース


まずは、比較的頻度が高いフロントギアのチェーン外れについて説明します。写真のように、チェーンはフロントギアの外側か内側に外れます。

変速機をシフターで動かす

変速機をシフターで動かす


1.まずシフターを操作してフロントディレーラー(前変速機)を動かす。チェーンが内側に落ちている場合は一番小さなギア、チェーンが外側に落ちている場合は一番大きなギアに。

テンショナープーリーを押すだけでチェーンを緩められる

テンショナープーリーを押すだけでチェーンを緩められる


2.外装変速の場合、リアディレーラーのテンショナー機構がチェーンを引っ張ることでギアの駆動力を伝達する仕組みになっている。外れたチェーンを戻す際にはテンショナープーリーを押して緩めながら作業する。

内側に外れた場合は小さいギアの下側にチェーンをかける

内側に外れた場合は小さいギアの下側にチェーンをかける


外側に外れた場合は大きいギアの下側にチェーンをかける

外側に外れた場合は大きいギアの下側にチェーンをかける


3.内側に落ちたチェーンは内側の小さいギアに、外側に落ちたチェーンは外側の大きなギアにかける。ギアの下側からかけるのがポイント。軍手をして作業すると油で手が汚れない。

クランクを空回りする方向に回す

クランクを空回りする方向に回す


4.クランクをゆっくり逆回転させてチェーンをすべてギアに乗せれば完了。
 
チェーンをギアに乗せることができた

チェーンをギアに乗せることができた


リアのギアからチェーンが外れた場合

変速機の調整が正しくないとチェーンが内側に落ちてしまう

変速機の調整が正しくないとチェーンが内側に落ちてしまう


フロントとは違い、走行条件だけでリアのギアからチェーンが外れてしまうのは珍しいケース。多くは、変速機のセッティングが合っていないことから、写真のように内側にチェーンが外れてしまう。

一番外側のギアに入るようにシフターを操作する

一番外側のギアに入るようにシフターを操作する

クランクを正方向に回転させる

クランクを正方向に回転させる

一番外側のギアにチェーンが戻ってくる

一番外側のギアにチェーンが戻ってくる


この場合はギアを一番外側、つまり重いギアに合わせてクランクをゆっくり正回転させれば、チェーンがギアへと戻ってくれる。もしチェーンが隙間に噛みこんで戻らないようなら、クランクを強引に回さず、手でギアに乗せるようにしましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。