自転車ダイエットのメリットは?

<「自転車ダイエット」のメリット>
・ サドルに座ることで体重が分散→足首、膝、腰への負担が軽減
・ 身体への負担が少ない→長い時間運動できる
・ 特別なスキルが必要ない→手軽に始められる
・ ペダルを漕ぐことでお尻から下の大きな筋肉が鍛えられる→ヒップアップ効果
・ ジョギングやウォーキングよりもスピード感がある→爽快感があるので長続きしやすい

リンク: 自転車のダイエット効果と効率的な実践方法 [パーツ別ダイエット方法] All About

身近にあるものだからこそ、コツさえつかめばダイエットの素敵なアイテムに変わります。

メッツ(METs)による主な運動強度をあげておきます。
ストレッチ(ゆったり行う)=2.3 METs
軽いウオーキング(93m/分)=3.8 METs
通勤・通学=4.0 METs
自転車に乗る(16.1~19.2km/時)=6.8 METs
一般的なジョギング=7.0 METs

リンク: ママチャリでもOK!サイクリングで爽やかに運動 [運動と健康] All About

日常的な移動などと比べて運動強度はもちろん高め。そして速く移動できるので、ジョギングと比較して爽快感を味わいやすいのも特徴。

アスファルトで覆われた現代では足への衝撃が強すぎて怪我につながります。自転車であればガソリンなど必要ありません。こだわる人はお金がかかりますが、私はママチャリが一番いいと思います。楽に動けるものだと負荷も減るのでお金もかからないママチャリが便利です。

リンク: 自転車活用ダイエット [パーツ別ダイエット方法] All About

普段運動をしていない人がいきなりランニングしようとしてもけがをしかねません。それよりも身近でとっかかりやすく、初期投資だけで始められる、リーズナブルな自転車がおススメ。

どのぐらいの時間こげばいい? 頻度と運動時間の目安

脂肪を燃焼させることを目的とする場合は、連続して20分以上を目標に運動します。20分以上行えば乳酸を再エネルギー化するための脂肪が血液中に送り込まれ、脂肪がエネルギー源として使われ始めます。

リンク: 2/2 有酸素運動で脂肪を燃焼させるコツ [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

有酸素運動全体に共通していることですが、まずは20分続けることが目標。20分ならいつものスーパーよりちょっと遠く、から始められますよね。

有酸素運動は週に3日でも充分効果があると言われています。もちろん、それ以上行うのも構いません。ただし注意して頂きたいのは、1時間の有酸素運動を「週に1日」まとめて行うよりも、たとえば月・水・金など、1日20分の有酸素運動を「週3日」に分けて行う方が効果的です。

リンク: 2/2 有酸素運動で脂肪を燃焼させるコツ [筋トレ・筋肉トレーニング] All About

週末に頑張るより、通勤通学を自転車に置き換えることの方がダイエット効果も期待できます。

子どもがいるなら子どもの重みも活用して

子供乗せ自転車とは、あらかじめ子供を乗せることを想定してつくられた自転車で、子供の座席の位置が高くなりすぎないように、前後のタイヤの大きさが違うことが多いのが特徴です。

リンク: 3/3 子供といっしょにダイエット! [パーツ別ダイエット方法] All About

最近のママチャリは子供乗せ自転車の「子供を乗せる部分」が前に付いているものも増えてきました。子供の重みが負荷になるので、安全に気をつければあとはしっかりダイエットが期待できますよ。

自転車ダイエットのポイントとは?

ダイエットのためには登り坂などがあった方がいいように思われますが、勾配があまり無い平らな道をコンスタントに、一定の速度を維持しながら漕ぎ続けることができるコースを選ぶようにしましょう。

リンク: 2/3 自転車のダイエット効果と効率的な実践方法 [パーツ別ダイエット方法] All About

なるべく止まらず一定のリズムで走行するには、ルート選びも重要です。

脚痩せを効果的に行う為には、自転車のギアは通常の感覚より軽めのギアに入れておく方がいいのです。
というのも、軽いギアに設定していると、必然的にペダルを漕ぐ回数が増えます。
力をいれずゆっくりと、では自転車はなかなか進まないもの。
よって、小さい力で何度も漕ぐという状況になります。【ページ停止】

リンク: ギア付自転車で脚痩せ|脚痩せダイエット方法

重いギアでは足が競輪選手のように鍛えられてしまうかも……? もちろん軽いギアでもプロスポーツ並みに走れば鍛えられてしまいますが、日々の通勤でそこまで高負荷にはなりづらいので安心してください。

※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項