◆いよいよ真打!スピルバーグのパニック映画2本です。

『ジョーズ』

ジョーズ
JAWS
『ジョーズ』
♪ズーズゥン ズーズゥン ズンズンズンズンズンズン♪と近寄ってくる巨大鮫の恐怖!鮫は出そうな場面で肩透かしをくらわし、突如現れるというスピルバーグらしい演出の妙!

観光客の集客優先で海水浴場での鮫の出現を隠そうとする市長、鮫の脅威を警戒する警察署長の対立から、遂に第二の犠牲者が出て遊泳禁止となる海水浴場!そして後半は、鮫退治の男たちのアドベンチャー映画になるという趣向です。

本作の成功により続編は作られ、二匹目のドジョウの『グリズリー』なる巨大熊映画があり、また最近では大蛇『アナコンダ』に巨大生物映画は引き継がれたと言ってもいいのですが、どの作品も本作の足元にも及ばない出来栄えに終わっています。

公開当時映画史上のNo.1の興業記録を樹立し、28歳のスピルバーグはハリウッドの第一人者の地位を確立しました。

[作品情報]
・1975年/アメリカ映画/上映時間:124min
・監督:スティーヴン・スピルバーグ
・出演:ロイ・シャイダー、ロバート・ショウ、リチャード・ドレイファス、ロレイン・ゲイリー、カール・ゴットリーブ

『ジュラシック・パーク』

ジュラシック・パーク
JURASSIC PARK
『ジュラシック・パーク』
『未知との遭遇』のUFOにたまげたように、本作の恐竜の映像にまずびっくり!ジョージ・ルーカスが、本作のSFX技術を観て『スター・ウォーズ』新シリーズに着手したというのは有名なお話。

物語は太古の琥珀に閉じ込められた蚊の吸った恐竜の血から遺伝子工学によって蘇った恐竜たちが生息する究極のレジャーランドを作ります。しかしオープンを控えたその「ジュラシック・パーク」に次々とトラブルが襲いかかるのです。

肉食恐竜T-レックスが近づいてくる予兆をコップの中の水の揺らぎで見せるなど名場面の数々。面白くて、怖くて、びっくりして、熱血する、これぞ娯楽映画の見本市!本作のヒットにより、続編も作られこれまた大当たりで続々編まで出来ました。娯楽映画においてもスピルバーグ演出の巧さを改めて感じさせてくれる快作です。

[作品情報]
・1993年/アメリカ映画/上映時間:127min
・監督:スティーヴン・スピルバーグ
・出演:リチャード・アッテンボロー、サム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラム、アリアナ・リチャーズ、ジョセフ・マッゼロ、マーティン・フェレロ、ボブ・ペック、サミュエル・L・ジャクソン




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。