クローバーフィールド/HAKAISHA

CLOVERFIELD
『クローバーフィールド/HAKAISHA』
オールタイムのセレクト10シリーズの今回は、巨大生物・怪獣映画の特集です。昨年(2008年)は主観映像でとらえた新たな怪獣映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』が話題になり、韓国製作のアメリカを舞台にした『D-ウォーズ』、3Dの『センター・オブ・ジ・アース』の公開もありましたが、出来栄えはなんともコメントし辛いです。2年前公開の松本人志監督作『大日本人』は結構好きだったりしますが(照笑)。

日本が誇る大怪獣『ゴジラ』は、ハリウッド映画『GODZILLA』となりましたが、怪獣物の元祖といえばアメリカ映画の『キング・コング』ということになるでしょう。

さて、今回は「怪獣映画の元祖並びに韓国が作った記憶に新しい名作の2本」、「怪獣映画先進国日本の東宝映画から3本」、「大映映画(現:角川映画)の2本と忘れられそうなアメリカ映画の1本」、そして「スピルバーグ監督の巨大生物映画の傑出した2本」の4つのカテゴリーから10作品をセレクトします。


◆まずは、新旧の名作怪獣映画はアメリカ映画『キング・コング』と、新しい怪獣映画の秀作、韓国映画の『グエムル -漢江の怪物-』から。

『キング・コング』

キング・コング
KING KONG
『キング・コング』
キング・コングほど世界中にその名を轟かす巨大なゴリラ?というか怪獣は他にはいません。肉薄した人気のゴジラですが世界的な知名度ではキング・コングの方が上でしょうね。キング・コング映画は1933年作品以外に2度メジャーでリメイクされています。1976年版2005年版で、どちらも極めて良く出来ていてその時代にあったキング・コング主演の美女と野獣物語に泣かされます。

大人気のモンスターだけにその類似品、パロディ映画は多数あり、日本では松竹映画、斎藤寅次郎監督の『和製キング・コング』をはじめ、東宝の『キング・コング対ゴジラ』、『キング・コングの逆襲』、香港映画『北京原人の逆襲』、イギリスのビートルズを題材にしたアニメーション『イエロー・サブマリン』にもキング・コングの姿を見ることが出来ます。

[作品情報]
・1933年/アメリカ映画/上映時間:100min
・監督:メリアン・C・クーパー、アーネスト・B・シュードサック
・出演:フェイ・レイ、ロバート・アームストロング、サム・ハーディ

『グエムル -漢江の怪物-』

グエムル -漢江の怪物-
THE HOST
『グエムル -漢江の怪物-』
ソウルの中心を東西に貫く大きな河、漢江(ハンガン)の河川敷で人々がくつろいでいると、突然、正体不明の巨大な生き物が出現、驚異的なスピードで動き回り、逃げまどう人々を次々と食い殺し始めます。政府は怪物が感染者を死に至らしめるウィルスの宿主であると発表。多くの人々が強制的に隔離されてしまうという物語の中、怪物に連れさらわれた中学生のヒョンソを軸にある一家の視点で恐怖をみせてゆきます。

殺人の追憶』のポン・ジュノ監督が手掛けた異色のモンスター・パニック巨編で、韓国では興行記録を次々と塗り替える大ヒットとなり大きな話題を集めました。また日本のキネマ旬報誌の2006年外国映画のベスト10では『ブロークバック・マウンテン』より上位の第3位!驚きました。

[作品情報]
・2006年/韓国映画/上映時間:120min
・監督:ポン・ジュノ
・出演:ソン・ガンホ、ピョン・ヒボン、パク・ヘイル、ペ・ドゥナ