ジャンル別のオールタイム・セレクト10シリーズは、ホラー映画に続いての第2弾「記録映画(ドキュメンタリー)」のイチオシの10作品を紹介します。ここ数年秀作が続々と公開されているドキュメンタリー映画は、昨年(2006年)も、拉致問題で苦悩する横田さんの30年間を描いた『めぐみ - 引き裂かれた家族の30年』、車椅子ラグビーで世界の頂点を目指す男たちの熱き戦いを描いた『マーダーボール』、米国史上最大の企業スキャンダルを描いた『エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?』などのアメリカ映画が公開。邦画でも、元日本兵の奥村和一が“日本軍山西省残留問題”を振り返りながら戦争を問う『蟻の兵隊』、伝説の娼婦“ハマのメリーさん”を回想する『ヨコハマメリー』が話題となりました。

21世紀に入って、戦うドキュメンタリー作家のマイケル・ムーアが“不都合なアメリカの事実”にメスを入れた2本の秀作ドキュメンタリー映画を発表。銃社会への警鐘『ボウリング・フォー・コロンバイン』、9.11テロの裏側を検証したブッシュ政権批判の『華氏911』は世界に衝撃を与えました。

そして今、人類史を変えるかもしれないドキュメンタリー映画『不都合な真実』が日本上陸。映画史に残る記録映画の10選の1本目は驚愕の新作から紹介します。

人類への警告『不都合な真実』

アメリカ元副大統領アル・ゴア
『不都合な真実』のジャパンプレミアより。地球温暖化問題を語るアル・ゴア
(c)Yutaka Nakano
アメリカ元副大統領アル・ゴアが地球温暖化問題をスライド講演で解き明かすドキュメンタリー映画です。

今、地球は瀕死の重病患者です。このまま「温暖化」が進めば次の世代には人類の故郷「地球」が滅びてしまいます。キリマンジャロの雪が溶け、北極の氷は薄くなり、各地にハリケーンや台風などの被害をもたらしている異変のすべては、年々上がり続ける気温により地球体系が激変。動植物が絶滅へ向かうカウントダウンに入っています。この地球を救うために今私たちが出来ることとは……。

Chicago sun-Timesで知られる映画評論家のロジャー・エバートは言います。「貴方にはこの映画を観る義務がある。万が一観なかったのであれば、何故観なかったのかを家族に説明しなければならない」と。

・2006年/アメリカ映画
・上映時間:96min
・監督:デイビス・グッケンハイム
・出演:アル・ゴア
関連リンク

美しい地球、美しい海『沈黙の世界』

『沈黙の世界』
生物の故郷、海を魅せる『沈黙の世界』
美しい大自然や海を描いたドキュメンタリー映画は沢山ありますが、1956年に制作された本作はそのパイオニアです。監督の一人、ジャック=イヴ・クストーはアクアラングの発明者としても知られています。

映画は、ダイバーたちが手に燈火をかざして泳ぐ幻想的シーンからはじまります。そして、クジラに鮫の大群が襲いかかる食物連鎖、船と並走するイルカの大群、ウミガメの産卵、珊瑚礁に住む美しい魚たち……。心洗われる大自然の美しさを堪能してください。この美しい自然を失わないために、私たちは都合の悪いことから目を背けずに地球の明日を真剣に考える時代に入りました。

・1956年/フランス映画
・上映時間:85min
・監督:ジャック=イヴ・クストー、ルイ・マル

主題曲「モア」の美しい旋律!『世界残酷物語』の戦慄!

「残酷BOX」
表題作品『世界残酷物語』と『続・世界残酷物語』『さらばアフリカ』のヤコペッティ残酷三部作
未開の地に残る風習、奇習をナマナマしくフィルムに収めたヤコペッティ監督の長編第1作。

謝肉祭で数百頭の豚をたたき殺し食するニューギニアに住むキンプ族。狸、蛇、猿、トカゲを提供する香港の悪食レストラン。西太平洋ビキニ環礁では、核実験の犠牲になった動物たちの姿があります。飛べなくなった鳥、方向感覚を失い、海に戻れない海亀などなど。人間とはなんと残酷な生き物なのでしょう。数々のむごたらしい記録を白日の下にさらす衝撃作。

・1962年/イタリア映画
・上映時間:91min
・監督:グァルティエロ・ヤコペッティ、 フランコ・E・プロスペリ

次ページは、戦争と平和の記録映画5作品です。