■10月22日[日]

審査員記者会見

東京国際映画祭
©JULIE MINAMI
-@六本木ヒルズ・タワーホール-午後3時、審査員記者会見が行われました。審査委員長のジャン=ピエール・ジュネ監督と審査員のガリン・ヌグロホ氏、柳町光男氏、工藤夕貴さん、マルコ・ミューレ氏が登壇。今朝からコンペティション部門の作品を観始めたそうで、本日は2本を鑑賞。審査にあたり、芸術性と娯楽性についての個々の考え、が多く聞かれました。「新しい価値観、新しい才能の芽をみつける場」(ガリン・ヌグロホ氏)。「若い監督らの羽ばたく場」(マルコ・ミューレ氏)。「東京オリジナルの魅力をだしてゆきたい」(工藤夕貴さん)。「芸術と娯楽に分けたがるが、いい映画の基準とは関係なくある」。といった言葉を聞き、「メンバーのコメントに同意しております」と受けたジャン=ピエール・ジュネ監督。それぞれ新たな才能の出現に期待を寄せていました。

※今年は、南もコンペティションの事前マスコミ試写に行けたので、15作品中9作を拝見しました。かなり面白い作品が揃っています。グランプリはどの作品に輝くのか、最終日が楽しみです。

『世界最速のインディアン』
ジョン・マンロー

東京国際映画祭東京国際映画祭東京国際映画祭
©JULIE MINAMI
-@TOHOシネマズ六本木ヒルズ-午後4時頃、特別招待作品『世界最速のインディアン』(ソニー・ピクチャーズ配給、2007年お正月第2弾ローショー)でアンソニー・ホプキンスが演じたバート・マンローのお孫さんであるジョン・マンロー氏のトークショーが行われました。バート氏には、実際は家族(妻:ご健在でニュージーランド在住、3人の娘と一人の息子)がいて、「孫が20人もいると世界中にいます。一人ぐらい日本に住んでいてもおかしくないでしょ」と日本在住なことを明かした。ジョン氏の父親が製作に関わっており、写真を元に正確につくられていったことへの驚きや、映画では描かれなかった部分などが聞けました。

会場には、バイク好きな方や、バート・マンローを知っているという人の姿も。バイク雑誌の記者が同型のヘルメットだと持参すると、フォトセッションでは小脇に抱えてくれました。ちなみにTシャツもインディアンです。※バート・マンロー氏はこの映画によって広く存在を知られ「モーターサイクル殿堂」入りをはたされました。

『ユメ十夜』(2007年お正月第2弾ロードショー)

第19回東京国際映画祭
©JULIE MINAMI
-@TOHOシネマズ六本木ヒルズ-午後5時半、特別招待作品『ユメ十夜』(日活配給、2007年お正月第2弾ロードショー)の舞台あいさつが行われました。夏目漱石の原作10話を10人の監督が手がけるオムニバス映画。同夜の上映は9話(3話担当の清水崇監督はこれから撮影するため)の映画祭用の特別ヴァージョン。角田プロデューサー(実相時昭雄監督)【第一夜】/うじきつよし氏(市川崑監督)【第二夜】/清水崇監督【第三夜】/清水厚監督【第四夜】/豊島圭介監督【第五夜】/TOZAWA氏(松尾スズキ監督)【第六夜】/河原真明監督【第七夜】/藤岡弘、氏(山下敦弘監督)【第八夜】/緒川たまきさん(西川美和監督)【第九夜】/山口雄大監督【第十夜】総勢10名が登壇。

「市川監督は(本映画祭の)クロージング上映作『犬神家の一族』の編集作業のため登壇できなくなり…」とユーモアたっぷりに話す、うじき氏。通訳の小林さんは、その笑いを巧みに英語へ訳してゆきました。登壇できなかった監督からは、それぞれメッセージが寄せられており、夏目漱石作を手がけることへの歓び、オファーへの驚きなどさまざま。「第3夜を撮ってみたいと願っていたら叶った。これから撮影するのでほかの作品を今日観るか否か直前まで迷っていたが観ない事にした(笑)」(清水崇)「TOZAWAさんのよさを知って欲しい」(松尾スズキ)、などなど書き尽くせません。最後は特製パネルとともに写真撮影。


東京国際映画祭レポtopへ All About[映画]トップへ