『ゆれる』完成披露舞台挨拶
オダギリジョー氏、香川照之氏、西川美和監督

[2006/3/23]
『ゆれる』オダギリジョー、香川照之、西川美和監督完成披露舞台挨拶

西川、オダギリ、香川

『ゆれる』オダギリジョー、香川照之、西川美和監督完成披露舞台挨拶

『ゆれる』オダギリジョー、香川照之、西川美和監督完成披露舞台挨拶
(C)2006「ゆれる」製作委員会

『ゆれる』オダギリジョー、香川照之、西川美和監督完成披露舞台挨拶

7月~公開の映画『ゆれる』(配給:シネカノン)のマスコミ向け完成披露試写会にて、出演者のオダギリジョー氏、香川照之氏、西川美和監督が舞台挨拶を行いました。

【ストーリー】山梨県でガソリンスタンドを営む早川家。温和で誠実な長男の稔(香川照之)が稼業を助け、弟の猛(オダギリジョー)は東京で写真家として活躍している。兄弟の家族の思い出の地、渓谷にかけられた一本の吊り橋で起こった事件を機に生じる、崩壊と再生―といった葛藤を描いた人間ドラマ。

西川美和監督は、早稲田大学在学中に『誰も知らない』等の是枝裕和監督に才能を見出されたという、まさに<秘蔵っ子>。2002年、『蛇イチゴ』で映画監督デビューし、4年ぶりのオリジナル第2作になる。新鋭ながら、鋭い洞察力と演出力を持ち、注目を集めている。

同日も是枝監督、黒澤和子、『雪に願うこと』の根岸監督、俳優の伊勢谷友介らが駆けつけ、上映後ロビーで語り合うなど、とても賑やかな雰囲気だった。ちなみに舞台挨拶や取材を終え-オダギリ、監督、香川-の順で3人並んで作品を鑑賞されていました。

(取材後に鑑賞―南にとって今年一番の邦画です。どぉーんと海外進出してほしい!!余談ですが、南のななめ前にオダギリさん着席!って信じられない状況デシタ。偶然とはいえラッキー)

『ゆれる』舞台挨拶コメント

『ゆれる』直撃Q&A―
オダギリジョーが語る自身の結婚や30歳誕生日


あの橋を渡るまでは、兄弟でした

企画:是枝裕和 原案・脚本・監督:西川美和
出演:オダギリジョー、香川照之、伊武雅刀、新井浩文、真木よう子、木村祐一、ピエール瀧、田口トモロヲ、蟹江敬三
[2006年/日本/1時間59分]
http://www.yureru.com/

7月~渋谷アミューズCQN
新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

[YURERU] Tokyo Stage Greetings

※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトに帰属します。
※記事・画像の使用は、版権を有する映画配給会社等の許諾を得て掲載しています。
※記事・画像の使用・転載は、営利・非営利を問わず禁止です。
※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。
※(c)2006「ゆれる」製作委員会
※Photos(c) JULIE MINAMI- All Rights Reserved. Use is restricted to this website in promotion of "YURERU" Photographs may not be copied for use elsewhere including other Internet sites without permission.



『映画』トップページへ戻る