『PROMISE』[無極]来日会見

真田広之、チャン・ドンゴン[張東健]、チェン・カイコー[陳凱歌]、チェン・ホン[陳紅]が来日記者会見に

『PROMISE』来日会見-真田広之、チャン・ドンゴン[張東健]、チェン・カイコー[陳凱歌]、チェン・ホン[陳紅]日本の真田広之、韓国<四天王>のチャン・ドンゴン、香港のセシリア・チャンとニコラス・ツェー、中国のリウ・イエといったアジアが誇る才能が結集し、世界へ向けて放つアクション・ファンタジー『PROMISE』(チェン・カイコー監督、中国題:「無極」)が、2月11日[土・祝]~日本公開。

韓国からチャン・ドンゴン氏、中国からチェン・カイコー監督、満神役で、製作のチェン・ホン[陳紅]さんが来日され、日本の真田広之氏と合流して、グランドハイアット東京ボール・ルームにて来日記者会見が行われました。

真田&ドンゴンは『アジアを代表する偉大な俳優』

『PROMISE』来日会見-写真はチャン・ドンゴン[張東健]、真田広之、チェン・ホン[陳紅]、チェン・カイコー[陳凱歌]キャスティングは最初から日中韓で考えていたと語るチェン・カイコー監督。撮影現場の環境作りに最も気を遣ったといいます。「彼らにとって違った環境で快適に役作りが出来るか?そういう意味では兄のような役割でした」。撮影を終えた監督は二人を『アジアを代表する偉大な俳優』と絶賛した。

23日に来日、4泊5日の日程で『PROMISE』のPRを行うチャン・ドンゴン[張東健]。今回の来日では真田氏から「ドンちゃん」と呼ばれていることが判明。ポロリと発してしまった真田氏は「あっ、言っちゃった」とテレ顔を見せる。そのやりとりは、こうだ。「劇中で一人の女性を奪い合う役どころ、お二人が実際にそうなったら?」―と質問されて―。

※最初に真田氏が発言をするのは通訳を介さない、から。

真田広之:「ライバルが、ドンちゃんなら潔く身を引きます」のあと、「言っちゃった」
チャン・ドンゴン:「それでは、ありがたく、頂きたいと思います」
真田広之:「あっ、やっぱり勝負しよう!」(両氏、目を見合わせて笑う)

PROMISEの現場は毎日が<受験生>?!

『PROMISE』来日会見-真田広之、チャン・ドンゴン[張東健]、チェン・カイコー[陳凱歌]、チェン・ホン[陳紅]
『PROMISE』来日会見-真田広之、チャン・ドンゴン[張東健]、チェン・カイコー[陳凱歌]、チェン・ホン[陳紅]

@グランドハイアット東京
[2006/1/25]

『PROMISE』[THE PROMISE][無極]
2006年2月11日[土]~サロンパス ルーブル丸の内ほか全国松竹・東急系にてロードショー
製作:チェン・ホン 監督・脚本:チェン・カイコー
出演:真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、ニコラス・ツェー
日本語字幕:樋口裕子
2005年/中国/2時間1分/ワーナー・ブラザース映画配給
公式サイト:http://www.promise-movie.jp/

愛で運命を超える--力で運命を超える--美で運命を超える
愛・力・美―神との約束を交わした3人と、絶世のの美女をめぐる3人の男とのラヴ・ファンタジー

『PROMISE』来日会見につづく

【キャストの出演作】
真田広之『亡国のイージス』 『ラスト サムライ』
チャン・ドンゴン『タイフーン』 『ブラザー・フッド』
セシリア・チャン⇒『忘れえぬ想い』 『ワンナイトインモンコック』
ニコラス・ツェー『新香港国際警察/NEW POLICE STORY』
リウ・イエ⇒『パープル・バタフライ』『山の郵便配達』

※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトに帰属します。
※記事・画像の使用は、版権を有する映画配給会社等の許諾を得て掲載しています。
※記事・画像の使用・転載は、営利・非営利を問わず禁止です。
※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。
※(c)Beijing 21st Century Shengkai,China Film Group and Moonstone Productions,LLC
※Photos(c) Julie Minami - All Rights Reserved. Use is restricted to this website in promotion of "THE PROMISE" Photographs may not be copied for use elsewhere including other Internet sites without permission.

[THE PROMISE] Tokyo Press Conference


映画・来日・ニュース・イベント

この他の2006年お正月公開の映画

『PROMISE』の上映時間を調べる


『映画』トップページへ戻る