I┃ N┃ D┃ E┃ X┃━┛━┛━┛━┛━┛■1:撮影秘話■2:なるほど1分『ターミネーター』『ターミネーター2』■3:ジョナサン・モストウ監督語る■4:ネタばれもある『T3』話ネタばれのいや方は、避けてくださいね。読みたい方はカーソルをあてれば文字が現われます。■5:プレスからこっそり…。7月3日シュワちゃん来日会見&プレミア試写レポ記事へのリンク
7月5日 『T3』先行プレミア Tマニアは日劇に集まれ!超貴重US版オリジナル予告編2パターンを特別同時上映決定!!日劇1、日劇3どちらでも上映します7月5日(土)日劇にて行われる『ターミネーター3』先行プレミア上映で、日本では絶対に劇場で観ることのできないUS版のオリジナル予告編を特別同時上映することが決定しました。しかも2パターン! 本編を観る前にこれ以上ない盛り上がりを体験できます!


ターミネーター3
TM C 2003 IMF Internationale Medien und Film GmbH & Co. 3 Produktions KG 
 


前2作に張り巡らされた膨大な伏線をたどりつつ、さらなる驚きを提供しながら進行するストーリーは、ラブストーリーの魅力もはらんでドラマティックに展開。シリーズ全体が、コナー一族の宿命との戦いを描いた一大叙事詩と感じられる壮大なスケールを備えている。そのサーガをエキサイティングに彩るのが、緊迫感に溢れたアクション・シーンの数々。


【ギャラを削りロサンゼルスでの撮影を実現】

100日におよぶ『ターミネーター3』の撮影が、ロサンゼルスとその近辺でスタートしたのは、2002年4月14日。
「撮影初日の夜、アーノルドが、革のジャケットにサングラス、大きなショットガンという、あのターミネーターの服装でトレーラーから出てきたとき、僕はみんなの方を振り向いて言った。“さあ、これから『ターミネーター』の映画を作るぞ”とね」と、ジョナサン・モストウはクランク・インの興奮を語る。ロケーションは、T-Xの登場シーンの舞台となったロデオ・ドライブから、映画のラストを飾るクリスタル・ピークまで多岐に及んだが、おもなセットはロサンゼルス・センター・スタジオの6つのサウンド・ステージに組み立てられ、さらにダウニーのボーイングの工場に、3つの巨大サイズのセットが作られた。この巨大セットには、超スピードのカーチェイスが行われるストリートと、動物病院のセットも含まれている。

特筆すべきは、当初バンクーバーで撮影される予定だったこの作品が、ジョナサン・モストウやアーノルド・シュワルツェネッガーの強い希望によって、ドラマのリアルな舞台であるロサンゼルスで撮影されるようになったことだ。そのために派生した製作費のオーバーは、監督やプロデューサーを始めとするスタッフと、シュワルツェネッガーが自らのギャラを削り、ロサンゼルスでの撮影を実現させた。

怒濤のカーチェイス、人間に対して刃を向け始めたマシーンの暴動、ターミネーター同士がぶつかりあう一騎打ちの死闘。フィジカルなアクションの醍醐味とSFXの魔術が見事に溶け合ったシーンの連続は、前作にも増してパワフル。とくに、女性の姿をした究極のターミネーター、T-Xの史上最強の敵役ぶりには、撮影前から話題が集中。また、ターミネーターの原型となるT-1ターミネーターの登場など、シリーズのファンを驚喜させる仕掛けもたっぷり用意されている。

ターミネーター3
TM C 2003 IMF Internationale Medien und Film GmbH & Co. 3 Produktions KG


今回、シュワルツェネッガーと絡み合うスターには、1979年生まれのフレッシュな顔ぶれが揃った。自身の未来を知ってしまった者の困惑と悲しみを抱えながら、再び世界を救う使命に乗り出すジョン・コナーには、『イン・ザ・ベッドルーム』の演技をマスコミから激賞されたニック・スタール。彼と不思議な運命の糸で結ばれたヒロインのケイトには、『若草物語』『ロミオ&ジュリエット』などで日本でも根強い人気を誇るクレア・デーンズ。そして、女性の武器を最大限に使いながらジョンを執拗に追跡するT-Xには、スーパーモデル出身の新星クリスタナ・ローケンが扮し、強烈な個性を振りまいている。
原題『THE TERMINATOR3 RISE OF THE MACHINES』 2003年/アメリカ映画/カラー/スコープ・サイズ/SRD、DTS、SDDS/上映時間:1時間50分/日本語版字幕翻訳:菊地浩司東宝東和提供
このあとには初心者用
なるほど1分『ターミネーター』
なるほど1分『ターミネーター2』

を掲載 ⇒