まず、業界の映画会社に<呼びかけ>――「ヨーロッパでは著作権の保護期間を20年間延長している。我がアメリカもそうしようではないか?」――をした。
すると著作権は長ければ長いほど持ち主には有利なので、すぐにメジャーといわれる5社、ワーナー・ブラザースに20世紀FOX、パラマウント、ソニーP、ユニヴァーサルが賛同してくれたという。
映画業界は「MPAA」(アメリカ映画協会)とともに著作権の保護期間延長の申し出を議会に提出。

1998年10月27日新法施行。(このサインをしたのは当時の大統領クリントン)
映画の著作権は95年間に改正。著作権は著者の死後70年間保護(個人創作の場合)となった。

ちなみに日本は?―細かい規定があるけれど、ざっくりいうと50年。
この結果『蒸気船ウィリー』の著作権は2023年となっている。
ディズニーにとっては、やれやれといったところでしょう。

大金が動く所に争いあり?―ディズニー帝国の攻防は、他にもあるようで…。

●ディズニーのキャラクターの壁紙&スクリーンセーバーが《無料》でダウンロードできる。『ディズニー・壁紙・ファクトリー』《Disny~desktopstop》こちらは(英語)
私もこちらでダウンロードした《アラジン》の壁紙を使用してます。by南

ディズニー映画最新情報
●参考文献『ディズニークロニクル1901―2001』講談社 著:デイヴ・スミス/スティーブン・クラーク『ハリウッド・ビジネス』文芸新書 著:ミドリ・モール『音楽・映像著作権の研究』学際図書出版 編著:阿部浩二


この記事に関するご意見・ご感想は…
 → この記事の作者にメールを送る

『映画』トップページへ戻る


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。