pinca la trioの由来


ガイド:
pinca la trioのみなさん。先ずは、3人の簡単な自己紹介をお願いします。

全員:
(左から)ソーヤ、ジュン、榎本みょうが
どうぞよろしくお願いします。

みょうが:
ではまず、僕から。榎本みょうがと申します。バンド内では社長と呼ばれています。主に曲を書いたりコンセプトを考えたり、といった裏方的なポジションです。

ソーヤ:
ベースとコーラス&合いの手、そして主にライヴでの現場監督担当のソーヤです。

ジュン:
こんにちはー!ボーカルとお客サマ弄り担当、ジュンです☆

ガイド:
初めてインタヴューさせて頂くバンド・ユニットの方にするお決まりの質問なのですが、今回は特に面白そうです。pinca la trioの由来は? これは日本語表記するとややこしい事になりますよね。フランス語だという解釈で、訳してみると(正確に言いますと、エキサイト翻訳を使いました)、「トリオをつねります」となりますね(笑)。

みょうが:
あはははは。pinca というのはそういう意味になるみたいですね。これは実は、かねてから僕が個人的にやっているバッグのブランド名なんです。趣味とライフワークの中間ぐらいのスタンスで、オリジナルのバッグを作っていまして、そのブランド名が「pinca」と。で、バンドをやりたいと思いたった時に、「pinca la trio」という名前がフッと浮かびまして(笑)。これはもう実現させるしかない、とソーヤくんに相談したんです。それが確か、2007年のことでした。あ、でも、フランス語としては、間違っているらしいです(笑)。

ソーヤ:
ですねえ、最初はpincaはオリジナルのハンチングやバッグを作ってたんですよね。んでそのモデル(笑)兼カメラマンをみょうがさんに依頼されたのが、全ての始まりでしたね。

ジュン:
まさか「つねります」とは(笑)面白すぎる…

ガイド:
そのブランドはどんな人達に買ってほしいブランドなのでしょうか? 出来れば、商品を見せて頂けるとありがたいです。

みょうが:
pincaブランドのバッグ
こんなかんじです。実はブランドと言っても、デザインを思いついた時だけ作っては、サイト上で見せるだけという。売ったり売らなかったりという不親切な状態でして・・・。(汗)来年はバッグ作りも頑張ろうと思っていますが。

pinca