College


前回のVALERIEの紹介となる記事では、その正体とAnoraakやMinitel Roseといったバンドを紹介しました。

VALERIE~フレンチエレクトロ集団

VALERIEはブログが発端となって出来た集団であると説明しましたが、そのブログの設立者、すなわちVALERIEの創始者と言えるのが、CollegeことDavid Grellierです。彼のブログは最近、移動したようですが、そこには他界してしまったマイケル・ジャクソン(ETとのツーショット)やカラテキッドの80年代的イメージに満ち溢れています。フランス語表記の後に英語が続いています。

VALERIE

そのCollegeも2009年5月に『Secret Diary』の日本盤リリースがされました。日本盤は、1000枚のみの限定生産、ボーナストラックに加えて、デジタルのみのリリースだったEP『Teenage Color』をCD2として追加しています。これは、どれだけいるか知りませんが、世界中のVALERIEのファンが羨ましがる内容です! ジャケを見て、ニヤリとした人いませんか? これは1984年のブライアン・デ・パルマ監督による『Body Double』へのオマージュと思われます。ポルノ女優を演じたメラニー・グリフィスが未だに脳裏に焼き付いている人もいるでしょう。映画の中でFrankie Goes To Hollywood自身も出演した「Relax」も使われましたね~。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
Secret Diary
CD1(Secret Diary):
01. Fighting For Life
02. The Energy Storm featuring Minitel Rose
03. When You Smile
04. Secret Diary
05. Desire
06. Gate Number 5
07. Something Wrong Tonight
08. Burning By The Stars
09. She Never Came Back featuring Electric Youth
10. I Think About It
11. The Golden Messenger
12. Fantasy Park featuring Anoraak
13. I Need A Better Engine
14. End Theme

Teenage Color(ジャケ)
CD2(Teenage Color EP):
01. Can You Kiss Me Again
02. Teenage Color
03. My Secret Romance
04. The Drone
05. The Scarlett Empress


楽曲的には、80年代のアメリカ映画やTVドラマのサントラに触発されたようなエレクトロポップ。タイトル曲の「Secret Diary」など重厚シンセ中心のインスト曲も多く、「ナイトライダー」「マイアミ・ヴァイス」などがイメージですね。デジタル配信のみですが、VALERIE軍団や後述のKeenhouseなどによるリミックス曲集『Secret Diary Remixed』も発売中です。